« FMラジオでケイジャン特集の収録 | トップページ | 夢でベースを »

2015年5月17日 (日)

Dr.Kのレスポール・トリビュート・インストア・ライブ

 ややバテ気味なので、出かけるのはやめて、家でぼんやり。昼寝をしたらだいぶすっきりしたような。

 昨日は東京・八重洲のギブソン・ブランズ・ショールームで開催された、徳武弘文さんのインストア・ライブを見に行った。先月と同じく、6月9日のレス・ポール生誕100周年記念トリビュート・ライブのプレ・イベントになるが、今回は本番さながらにバンドを率いての演奏だった。

Dsc07828

 曲目は、「Caravan」「It's Been a Long, Long Time」「Bye Bye Blues」。デューク・エリントン作の「Caravan」ではルーパーを使ってギターを重ね、「Bye Bye Blues」では、オリジナルのメリー・フォードのようなダブル・トラッキング・ボーカルが再現され……、と短いながらも印象的な演奏だった。

 アンコールは、ルーパーを使った多重録音ギターのデモンストレーション。ギブソン製だというトリプル・ネックのハワイアン・スティール・ギターもよかったな。

« FMラジオでケイジャン特集の収録 | トップページ | 夢でベースを »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr.Kのレスポール・トリビュート・インストア・ライブ:

« FMラジオでケイジャン特集の収録 | トップページ | 夢でベースを »