« イカサマ用のギャンブル・マシン? | トップページ | 横浜ジャグフェス雑感 »

2015年4月 6日 (月)

どうして旅に出なかったんだ

 ブルーグラス、カントリー系のシンガーであるティム・オブライエンは、靴にこだわる人らしい。『ROCK IN MY SHOE』(SUGAR HILL 1995)なんていうタイトルの、ド派手な靴ばかり目立つジャケットのアルバムを出したかと思ったら、『TRAVELER』(SUGAR HILL 2003)ではさらにエスカレートして、コンバースのスニーカーが主役になってしまった。

Timobrien

 収録曲の「KELLY JOE'S SHOES」も、そのコンバースのスニーカーをモチーフにした歌で、「友人の新しい靴はオレにこそぴったりだった」というくだりにはちょっと感心させられたものだ。その靴はまた、オブライエン自身の旅の象徴でもあるようなのだけれど。

Dsc07760

 家の近くの靴問屋でバーゲンセールをやっていたので、土曜日にコンバースのスニーカーを買ってきた。今日は天気がよかったからおろしてみたら、なかなか気分がよかったかも。旅をするにはちょっとヤワなようだけれど、どうせ旅には出ないからこれでいいのだ。

 ティム・オブライエンはマルチ弦楽器プレイヤーで、ギターやフィドル、オクターブ・マンドリンもうまいのだけれど、やはりメイン楽器はマンドリンだろう。日曜日はマンドリンを持ってロッキートップのブルーグラス・ジャムに。固めのフラットピックを持っていくのを忘れたらどうも勝手が違った。なかなかティム・オブライエンのようには弾けないね。

« イカサマ用のギャンブル・マシン? | トップページ | 横浜ジャグフェス雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 
靴にこだわるミュージシャン。
素敵なジャケットですね。
ド派手な靴の他のジャケットも見てみたいなぁと思いました
 
お求めになったコンバースのスニーカー。
いい感じです〜 春を感じるのは 学生時代を思い出すからかしら。
いえ、履いていたわけではないんですけども。
 
先日、イナカで春の靴を買いました。
何だか新しいことが出来そうな気がします (o^-^o)

>花mameさん

まあ、靴にこだわる人というのは、半分ジョークではありますけど^^;
もうひとつのジャケットのほうは、赤と白のツートーンの靴でした。

>何だか新しいことが出来そうな気がします (o^-^o)

新しい靴を履くとなんとなく気分が変わりますよね^^
ブラッドベリの小説にも、新しいテニスシューズを手に入れる話があったな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうして旅に出なかったんだ:

« イカサマ用のギャンブル・マシン? | トップページ | 横浜ジャグフェス雑感 »