« ミュージック・フロム・グリーンランド | トップページ | イカサマ用のギャンブル・マシン? »

2015年3月29日 (日)

サズのチューニングとスケール練習

 28日(土)午後3時より、渋谷Li-Poで音楽夜噺『トルコの吟遊詩人の足跡を追って』。講師はサズ奏者の藤井良行さん。

 とりあえずサズは持っているものの、ちゃんと弾いてなかったもので、これを機会にマジメに取り組もうかと思って参加したわけだ。藤井さんのお話は、トルコ・サズ紀行といった趣きだった。ウルギュップ、アンカラ、トラブゾン、カルス、ウルファといった街を訪れたときの話を絡めつつ、それぞれの土地に根付くサズの音楽を紹介してくれる。さすがに、サズのワークショップとまではいかなかったけれど、それでもいろいろ参考になる点は多かった。ピッキングと同時にボディを叩いてリズムを作るテクニック、コード弾きもOK、エレアコ仕様でエフェクトをかけるのもありなど、自由な発想で好きにやればいいのだと意を強くした(え? アカン?)。

 最後の質疑応答のところで、「なぜトルコのロマはサズを使わないのか?」という話になった。結局、明確な答は出なかったように思うが、その後私なりに考えたことを以下に書いておく。

 西洋の音楽理論ではドとレの間を2つに分割するのに対し、トルコの音楽はより細かい9分割。サズはこの9分音の考えに基づいた楽器で、独自のフレットの配置になっている。このため、トルコの伝統音楽以外では使いにくいだろうというのが1つ。もう1つはアイデンティティの問題で、サズはトルコの伝統音楽と深く結びついているがゆえに、ロマの人達はそうしたイメージで一括されるのを嫌っているのではないかと。

 参考までに、サズのフレットの配置とスケールの関係について、以下に図示しておく、サズは7弦3コースの楽器で、チューニングはいくつかあるようだけれど、この例は左から、AGD。2コースのGは3コースAの1音(2度)下になる。

Scale

 フレット間の距離がまちまちなのは、いいかげんな仕事ではなくて、途中の音(9分音のうちのいくつか)を省略してあるということ。たとえばハーモニカやハープのような、特定のスケールに対応した(ピアノの黒鍵がないような)ダイアトニックな楽器に近いと考えるとわかりやすいかもしれない(フレットのある楽器では、アパラチアン・ダルシマーも、こうしたダイアトニックなフレット配置になっている)。

 そんな理屈はともかく、上に図示したポジションの音だけを弾けば、西洋風の音階とほぼ同じ音になる。それ以外の音を加えると、いかにもトルコの音楽らしい不思議な響きが得られるという寸法だ。これは便利!

Peghead

 ……なんて偉そうなことを書いたものの、私のサズは、トルコ土産らしい安物の楽器で、めぐりめぐって手に入れたのはいいけれど、木ペグの調子がいまいちで、チューニングもままならないようなシロモノだった。今回久々に取り出してきて、チューニングに挫折して弾かなくなったことを思い出した^^;

 そこでチューニング改善大作戦。滑り止め用のバイオリンのコンポジションを木ペグに塗って、弦の巻き方も試行錯誤して、なんとかAGDのチューニングが安定するようになってきた(実は完成したのが音楽夜噺の前日)。めでたしめでたし。

「sazimprov.mp3」をダウンロード

 そんなこんなで、とりあえずの試し弾き。即興演奏といえば聞こえはいいが、早い話がテキトーなスケール練習だ。ボディを叩いたり、コードを入れたり、昨日のお勉強の成果をさっそく取り入れてみた(再生ボタンを押すと聴けます)。それなりに面白かったので、ゆくゆくはソロの弾き語りに使ってみたいな。候補曲はいくつかあるし。

« ミュージック・フロム・グリーンランド | トップページ | イカサマ用のギャンブル・マシン? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サズのチューニングとスケール練習:

« ミュージック・フロム・グリーンランド | トップページ | イカサマ用のギャンブル・マシン? »