« リズムの悦楽 | トップページ | 子グモの飛翔 »

2015年3月17日 (火)

液状化するネコ

 真夜中に見た夢。

 見知らぬネコが部屋の中にいる。黒い縞模様の入ったキジトラネコだ。床に積んである本の山の上に乗っかったかと思うと、いきなり嘔吐をはじめた。琥珀色の水飴のような液体を大量に吐き出している。「うわ、本が台無しになる!」とあせっていると、ネコの身体のほうもどろどろになってきた。本の山を飲み込んでいく琥珀色の水飴。

 呆然と見つめているうちに、ふたたびネコの姿が戻ってきた。ネコは全身ぐちょぐちょになりながら、窓のほうに歩いていく。どうやら外に出たいらしい。そうしてもらえばこちらもありがたいので、窓を開けてやる。よろよろと外へ出るネコ。窓の手すりにつかまろうとするが、体重を支えきれないようで、ずるずると下へ落ちていく。こっちを向いて必死に手をからめているネコと目があってしまった。そして力尽きて下へ落ち、窓から見えなくなるネコ。

                     

 同じ部屋の中で、知り合いの男の人と話をしている。なんでこんなことが起きたのか事情を説明してもらってひと安心。ほっとした気分で一人で部屋でくつろいでいたら、床に転がっていた不気味な女の姿の置物がしゃべりだした。「チガウネ。真相はソウジャナイ」。ピカソの絵のような置物の話は延々と続いた。

« リズムの悦楽 | トップページ | 子グモの飛翔 »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 液状化するネコ:

« リズムの悦楽 | トップページ | 子グモの飛翔 »