« 愛と平和と音楽の2日間 | トップページ | ギターを立って弾く »

2014年11月 1日 (土)

晴耕雨奏

 雨の土曜日。朝から歌とギターの練習。12月12日(金)のライブがだいぶ近づいてきたので、そろそろ気合を入れないと。

Martinbody

 ここしばらくDJのお呼びばかりだったから、演奏に専念するライブは本当に久しぶりなのだ。たぶん本番はこのどちらかのギターを持っていく予定。たまにはじゃじゃ馬のD-28にしてみようかな?

  http://www.cafe-again.co.jp/sche_next.html

 あ、お店の告知ではなぜかメインっぽい扱いになっているけれども、私はオープニング・アクト(前座ともいう^^;)。メイン・アクトは、あくまでハニー・クッキーズなので、お間違えなきよう。「ゆっくり行けばダイジョーブ」なんて思っていると、終わっちゃうから念のため^^;

 --というわけで、今回のライブのポイントをいくつか。

1)シンガーソングライターに帰る
 これは私以外にはどうでもいいような話ではあるのだけれど、これまでやっていたユニット、クロージング・タイムが解散になったため、その反省をもとに、原点に戻ってギターの弾き語りで自作曲を歌うことにした。自分で歌わないと誰も歌ってくれないので、しょうがなく……というのもある^^;

2)強力すぎる助っ人
 そんなこんなで当初は1人でやろうかと考えていたのだが、思いがけない幸運というか、ピアニストのshezooさんから「いっしょにやってもいいよ」と声をかけていただいた。こいつはびっくり! shezooさんは16歳でミュンヘン国立音楽大学に入学。在学中からドイツ各地の音楽祭に出演したり、放送局の現代音楽作品のアーカイブ録音を行なったりしていた才女だ。同大学院卒業後帰国し、現在は作曲家、編曲家、ピアニスト、プロデューサー、ライターとして、ライブ、CM、映画、演劇、ドキュメント、インスタレーションなど、さまざまな分野で活動中。……ってことは、小学校の運動会(言うまでもないけど私のことね^^;)にウサイン・ボルトを連れてくるようなものだよな、きっと。まだリハーサルをしてないので、どんなことになるのか見当もつかないけれど、ともあれ嵐の予感^^;

3)対バンはハニー・クッキーズ
 くどいようだが、メインはこちらのバンド。去年の『アメリカン・ルーツ・ミュージック』の出版記念イベントにも出ていただいてたいへん好評だった。いろんな方から「ハニー・クッキーズがよかった」と言われたり、「出演依頼をしたいから口を聞いてくれ」という話まで舞い込んだり^^; そんなわけで、またお願いして共演させていただくことになったのだ。新しいアルバムもリリースして、現在絶好調。メジャーなバンドになる直前の姿をぜひご覧あれ。

4)ドキュメンタリー映画の撮影も
 以前にこの日記でドキュメンタリー映画の撮影をしている件について書いたけれど、その一環で、私が書いたある曲をライブで演奏している姿を撮りたいという話になった。何かの勘違いじゃなかろうかとも思ったけれど、最悪、編集のときにカットすればすむ話だしね。 このため、当日は映画のカメラが入る予定。

 ……こうやって書き連ねてみると、主役よりも助っ人のほうがず~っとキャラ立ってるし、対バンはいまをときめくハニー・クッキーズだし、映画の撮影も入るしで、ずいぶん大げさな話になってきてるな。自ら退路を断った排水の陣の観もある。もしよろしかったら、当日の壮絶な討ち死にの様を確かめにおいでくださいませ。

« 愛と平和と音楽の2日間 | トップページ | ギターを立って弾く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄いですね♪
自作曲の弾き語り♡
Robinさんてそういう方なんですよね♪
拍手喝采の予感だと思います

>すみれさん

おそれいります~。

正直、1人だとめっちゃ緊張します。
今回は、バックグラウンドのまったく違うピアニストの伴奏もありということで
(私はクラシックも現代音楽もさっぱり^^;)、
さらに緊張したりして……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴耕雨奏:

« 愛と平和と音楽の2日間 | トップページ | ギターを立って弾く »