« ワールド・ミュージックの現状を聴く | トップページ | 愛と平和と音楽の2日間 »

2014年10月24日 (金)

ドブロの達人にインタビュー

 午後3時から、渋谷のビクターエンタテインメントで、日本ツアーのために来日したドブロ・ギターの神様、ジェリー・ダグラスさんへのインタビュー。ご尊顔を拝するのは、ピーター・ローワンさんのバックで来日したとき以来のはずだから、いったい何十年前の話だろう? 20年くらい? あのときのメンバーは、フィドル、マンドリンにマーク・オコーナーさん、ベースにトッド・フィリップスさんと、4人とも凄腕のスーパー・ユニットだったよな~。

 ジェリーさんは、長年にわたって米国ナンバー1のセッション・マンの座に君臨し、ソロやバンドでも大活躍してきた偉人(グラミーもたくさん受賞していたはず)なのだが、思っていた以上に気さくな印象で、しゃべりだすともう止まらない。取材時間が1時間しかなかったこともあり、用意していた質問の半分くらいしかできなかったけれど、すっごく陽気なインタビューで楽しかったから、まあいいか^^;

Robin43

 最後に2ショットの記念写真。並んでみると、ほんとにでっかい人だな~。お土産にステッカーまでいただいちゃって、ほんとにお世話になりました。実は拙著のジェリー・ダグラスさんのページをお見せしたら、「もらっていい?」と聴かれたので、恐縮しつつ差し上げたりもしたのだった。これでおあいこ……にはならんわね^^;

Jerrydouglas

 フォト・セッションのためにドブロを弾くジェリーさんも1枚。シブい!

 --というところで、明日と明後日は、恵比寿ガーデンプレイスで、ジェリーさんのバンドも出演する「Peter Barakan's LIVE MAGIC!」。こちらも仕事抜きに(仕事だけど!)楽しみ。

 あ、インタビューの詳細は、12月発売予定の「アコースティック・ギター・ブック40」(シンコーミュージック)に書く予定です。こちらもよろしゅーに。

« ワールド・ミュージックの現状を聴く | トップページ | 愛と平和と音楽の2日間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジェリー・ダグラスのインタビューをされたんですね。知らなかった。ジェリーはただ今、「アールズオブレスター」というフラット&スクラッグスのコピーのようなバンドでツアーして
います。これはアリソン・クラウスがグラミー賞に輝いたあとのお付き合いで、ユニオンステイションの活動が不可能になったときの異例ともいえるジェリー独特の行動です。果たしていつまで続くのか不明ですが、アリソンがカンバックしたらユニオンステイションに戻るのだろうから私はそうなるまでの間、来日コンサートをしてほしいなと願っています。

>仁さん

 そのアールズ・オブ・レスターの話も直接うかがうことができました。

 インタビュー記事は『アコースティック・ギター・ブック40』(シンコーミュージック)に載せたのですが、聴いた話の半分も書ききれませんでした。

 そのうちどこかで発表してもいいかもしれませんね。たとえばインタビュー集のような形とか……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドブロの達人にインタビュー:

« ワールド・ミュージックの現状を聴く | トップページ | 愛と平和と音楽の2日間 »