« ドブロの達人にインタビュー | トップページ | 晴耕雨奏 »

2014年10月27日 (月)

愛と平和と音楽の2日間

 25日(土)、26日(日)と恵比寿ガーデンプレイスの音楽フェス「ピーター・バラカンズ・ライブ・マジック!」に参加。土曜日は「ここはウッドストックか!」と言いたくなるくらい、人・人・人のカオス状態で、正直かなりまいったけれど、日曜日には少し落ち着いたようで、なんとか音楽を聴くことに専念できた。それでもず~っと立ち続けだったから、かなり肉体的にはしんどかったが。個人的な感想としては、あの会場の規模なら日曜日の入場者数くらいのほうがありがたい。運営側にはまた別の考えがあるかもしれないけれど。

 --というところで、個々のミュージシャンのレポートは雑誌で書かなければならないから、以下はごく個人的なできごとのみ。

Dsc07552

 土曜日は開演の少し前に到着。会場のガーデンホールの前には、もう入場を待つ長蛇の列ができている。予想以上の出足に対応が追いついていないような様子。この時点で、すでにイヤな予感はした^^;

 関係者の受付で無事に事前登録の確認をしてもらい、リストバンドを受け取る。このときにドリンク代を徴収されたのはいいのだが、ドリンクチケットの代わりに渡されたのはロビー(関係者オンリーのエリア)のパス。違和感ありありだったので、「なにこれ?」みたいなことをもごもご言うと、「間違いでした」とパスを引っ込められた。結局お金だけ払ってドリンクチケットはもらえず。そのときは勝手がよくわからなかったので、そういうものかとも思ったのだけれど、あとで考えると、やっぱり何かの手違いだったみたいだな。それだけ現場も混乱していたということだろう。ちなみに日曜日は、ドリンクチケットもロビーのパスもフツーにもらえた。

 ライブのステージはホールとルームの2会場でほぼ途切れなく、さらにラウンジでもときどきライブのプログラムが組まれている。全部見るのは不可能だけれど、なるべくたくさん見ようということで、かなり無理をした。あまりの人だかりで出店での食事はあきらめて、夕食は会場近くのハンバーガー店のお世話になる。なんとか終演までねばり、疲れた足を引きずりつつ帰宅。

 2日めは、中村まりさんのライブに間に合えばいいやと、ゆっくり出かけることにした。そして最大の難関だった濱口祐自さんとタロー&ジョーダンの完全バッティングをなんとか乗り越え、フェスはいよいよ終盤へ。フィナーレのジェリー・ダグラス・バンドを迎えたときには、かなりの充実感が……。身体は疲れたけれど、心の栄養はいっぱいもらえたような気がするな。

 終演後もまだ余韻をひきずっている感じで、そのまま帰る気にはなれず。ドブロの小島慎司さん、マンドリンの竹内信次さんたちのグループに合流して、近くのビアホールに。みなさんの話をうかがいながら2日間のできごとを反芻したりした。ウッドストック・フェスティバルの映画の中に、来場者の1人が「音楽の力だけでこれだけの人間が集まったとは思わない」と語るシーンが出てくる。最初にこれを見たときは、そんなこともないだろうと思ったものだけれど、この2日間の熱狂に接し、いまの日本で、このような趣旨の音楽フェスティバルにこれだけの人たちが集まってきたのを見ると、あのお兄さんの気持ちが少しだけわかったような気分になった。何を求めてあの人達は集まったのだろう? ふと、異なるパラレル・ワールドにまぎれこんだかのような錯覚にも囚われた。こんな夢ならずっと醒めないでいてほしい。そう思いながらビールで乾杯。

 会場ではいろいろな方にお会いしたけれど、プログラムの消化に忙しく、ゆっくりお話しすることができなかった。ここで書いてもしょうがないとは思いつつも、お詫び申し上げます。この次はきっと……。

« ドブロの達人にインタビュー | トップページ | 晴耕雨奏 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛と平和と音楽の2日間:

« ドブロの達人にインタビュー | トップページ | 晴耕雨奏 »