« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

パーシモンホールのペンギン・カフェ

 ペンギン・カフェは昔から大好きなのだけれど、さて、どこが好きなのかと問われると、よくわからない。

 9月27日(土)、目黒パーシモンホール。ペンギン・カフェ・オーケストラのコンサート。楽器の担当は曲によっても変わるけれど、基本はバイオリン×2、ビオラ、チェロ、コントラバスの5人のストリングスに、パーカッション2人、ウクレレ1人、そしてリーダーのアーサー・ジェフスがピアノ、ウクレレ、クアトロ、エレクトリック・ギター、ハルモニウムなどを弾くという編成だった。お父さんのサイモン・ジェフスの時代とはメンバーも入れ替わっているようだし、まったく違うグループと言っていいのだろうが、そのサウンドはほとんど昔と変わっていなかった。

 脱力系のミニマル・ミュージックというか、全身のコリをゆっくりもみほぐしてくれるかのような、ほんわかした音楽だ。前にパスカルズのことを「チンドンに目覚めたペンギン・カフェのようなグループ」と書いたことがあるけれど、視点を180度入れ替えると、こちらは「思索にふける控えめなパスカルズ」という感じだろうか。けっして個々のメンバーのキャラが立っていないということではないのだが……。

 コンサートのハイライトは、ぺンギン・ダンサーたちの踊りだった。ペンギン・カフェの音楽を使った英国ロイヤル・バレエ団のステージの映像を見て、感銘を受けたことのある身にとっては、この演出はたまらない。まさか本物のペンギン・カフェの演奏をバックに、ペンギンの被り物をつけたダンサーたちが躍る姿を目の当たりにする日がこようとは! それも一番前の特等席で! 長いこと音楽を聴き続けていると、たまにはいいこともあるね。

2014年9月27日 (土)

会社の上司はコワいあの人……

 明け方に見た夢。

 レストランでのデート。女の子と話をしていると、隣の席にウクレレと熱帯魚の水槽を持ったおじさんたちがやってくる。水槽には鮮やかな色彩の魚たちが泳いでいる。それはともかく、1人のおじさんがやけにうるさい。

 会社に戻って仕事の続き。定時になったので女の子は帰宅。私もそろそろ帰ろうかとPCの電源を落とそうとしているところに、上司のダースベーダーがやってきた。自分の指示どおりにPCを落とすように、とダースベーダーは言う。緊張しながら言われたとおりに操作をするが、いつもと手順が違っているのでうまくできない。PCの画面を通して怒りをあらわにするダースベーダー。あせっていろいろ操作をするが、思ったとおりの動作をしてくれない。人差し指で画面をタッチすると、iPhoneの画面が立ち上がった。ほとんどパニック状態。「キミはPCの操作ができなかったのか?」ダースベーダーの怒りの声。

 PCの終了処理ができなくてまごまごしているうちに午前4時になってしまった。途方にくれて後ろを振り返ると、ダースベーダーがオフィスの床に布団を敷いて寝ている。ヘルメットをとったテラテラの頭の先だけが見えている。「起こしたら怒られそうだしな」と声をかけるのをためらっているうちに、ダースベーダーが目を覚ました。

2014年9月22日 (月)

プリンターのインストール

 長年使っていたプリンターが、とうとうイカレてしまった。おりしも新製品の投入時期らしく、型落ちモデルが投げ売りされていたので、そのまま購入。午前中にそのセットアップをした。

 先代と同じヒューレットパッカードのオール・イン・ワン・モデル。スキャナーやコピーの機能はこれまでどおりだが、FAX機能を付けると予算をオーバーしまうので、悩んだ末にこの機能はあきらめた。

 考えてみれば、FAXを使う機会はめっきり減っているんだよな。雑誌のゲラはPDFで届くし、単行本1冊分くらいの量になれば、やはり宅配便やバイク便になっちゃうから。こちらから送るのも、PDFでほぼ問題ないはずだし。念のために、あとでFAX送信ができるアプリを探しておこう。

 セットアップは思ったよりたいへんだった。付属のペラペラなマニュアルには、「プリンターの電源を入れて液晶パネルの指示に従うように」程度のことしか書いてない(ほんとに2行だけ^^;)。事前にケーブルを接続しろとも、ケーブルを接続してはいけないとも書いてないのがちょっと不安だったが、とりあえず接続せずに電源をオン。

 液晶ディスプレイにチュートリアルのアニメーションが表示されるのはいいのだけれど、画面が小さすぎて何をやっているのかよくわからない。インク・カートリッジをセットする操作のところだけで、4回もリプレイをしてしまった^^;

Hp3
PC上でシステムのインストール

 それでもなんとかインク・カートリッジと用紙のセットを終えて、PC上でドライバその他のソフトウェアのインストール。この段階でやっと気づいたのだけれど、このモデルは、無線LANしかサポートしてないのだった。おっと、イーサーネットのコネクタはないのか! しかたないので、おとなしくUSB接続^^; まあ、これでもプリンタの共有はできるはず。……たぶん。

Hp4
LAN接続はあきらめてUSB接続

 その後もいろいろあったけれど、なんとかセットアップは終了して、とりあえず文書の印刷はできるようになった。結局いちばん時間がかかったのは、オンラインマニュアルのダウンロードだったな。それにしても、なんでPCのチュートリアル画面から操作を始める手順にしなかったんだろう? そっちのほうがわかりやすくなりそうな気がするんだけどな……。

Dsc07463

2014年9月21日 (日)

勝手にライナーノート--shiro

 一見抽象画のようだが、実はカットしたケーキとオレンジが3つずつ並んでいるおいしそうなジャケット。

Shiro

 shiroの最初のCDは、4曲入りのマキシシングル(あるいはミニアルバム)の形で届けられた。てっきり入っているものかと思っていた「Nuts」がはずれたのはちょっとショックだけれど、そちらは今後出されるであろうと信ずるフルアルバムに期待ということで。

 シンガーソングライターで作詞家の宮原芽映に、ギタリストの窪田晴男と丹波博幸を加えたアコースティックなユニットがshiroである。PPMのようなフォーク・トリオを目指して結成したという話だが、本気なのかジョークなのかとっさには判断がつきかねる。とはいえ、アコースティック・ギターのアンサンブルと美しいコーラスをフィーチャーしたトリオであることは間違いない。

 このCDでは、メンバー3人のほかに上原ユカリのパーカッションも入っていて、これがさりげなく効いている。

<アンダルシア>
 宮原芽映のソロ・アルバム『おかえり』(ビクター 1991)に収められていた曲の再演。オリジナルは四拍子だったのに、shiroではいきなり三拍子に変わった。

 スペイン旅行の心象スケッチである。「目に映るすべてを あなたに話しかけた」。一人旅の感傷の中で、女は日本に置いてきた恋人を思う。

 マンドリンやチャランゴ、インディアン・フルートまで入っていたオリジナルに比べて、こちらはギター2本とウクレレ、パーカッションというシンプルな編成ではあるが、迫力はむしろ増しているかもしれない。とくに2人のギタリストの間奏のソロ回しには、はっとさせられた。

<人形姫はなぜ人間になりたかったか>
 印象的な、そしていろいろな解釈ができそうなタイトルだ。ギターのアルペジオのアンサンブルが美しい。

 「人魚姫はなぜ人間になりたかったの?  なぜピノキオは人の子なんかになりたかったの?」 この問いの答は、行間に隠されている。

 決別していたはずの父と娘は、父親の入院を期にふたたび同じ時間を共有する。それでも父親につながれたカテーテルを見ながら、娘は待ち合わせの時間を気にしている。いま2人をつないでいるのは、やはりこの1本の細い管だけなのだ。

 それゆえに「だから理解なんかしないで ずっとずっとわからずやでいて」--という結びの一節が心に沁みる。

<代官山の電話ボックス>
 モデルになった電話ボックスは実在するのだそうだが、代官山の駅前を探してみても、どこにあるのかはわからなかった。

 夏休みの終わる1日の景色が、女の子と電話ボックスの双方の立場から語られる。少女は女子高生くらいの歳だろうか? 電話ボックス役(!)の窪田晴男が、低音の魅力でいい味出している。ブルージーなスライド・ギターも秀逸。

<夕焼け>
 作詞の宮原芽映が曲も書いているほかの3曲と違って、これは3人の共作。

 一見恋に破れた側のようでありながら、その実、主導権は女が握っている--というのは、この作詞家の書く失恋ソングのポイントであるような気がしているが、この歌も例外ではない。「あなたの可愛い 私は死んだの」。やさしく美しい歌ではあるけれど、自分が男の立場になってみると、このセリフはかなりシビアかも。

2014年9月20日 (土)

shiroのステージのPANTA

 昨夜のshiroのライブのゲストは、PANTAさん。先日の中川五郎さんに続いて、過激なシンガーの登場だ。shiroも宮原芽映さんも、こうした主張する音楽とは対極にいるはずなのに、違和感なくいっしょのステージをこなせるのが不思議。どこかひきつけ合うものでもあるのだろうか?

 shiroのCD発売先行ライブ、さらにメンバーの宮原さんと窪田晴男さんの誕生日、そしてPANTAさんとの共演と、昨夜の横浜サムズアップのライブはいろいろな話題が飛び交っていた。CDについてはあらためてまた書くとして、まずはPANTAさんのパフォーマンスだ。

 後半のステージに登場したPANTAさんは、shiroの3人とパーカッションの上原ユカリさんをバックに熱唱した。太平洋戦争、パレスチナ解放闘争、イラク戦争など、歌われた歌のテーマのほとんどは国家や民族同士の争いに関わるものだった。

 従軍看護婦だった18歳の少女(PANTAさんの母親)の過酷な体験を知り、父親や叔父の死後も1人で200人の米軍精鋭部隊と銃撃戦を続けた14歳の少年ムスターファ(サダム・フセインの孫)の運命に戦慄し、パレスチナ解放の闘士だったライラ・ハリド(重信房子の友人)の回想に心を打たれる。とくに「ライラのバラード」は、パレスチナの現実を抜きにしても、戦争を知らない人たちにとっても、1人の人間の生き様がぐいぐいと心に迫ってくる名曲ではないかと思う。

 「時代はサーカスの象にのって」のイントロには、詩の朗読というよりはほとんど一人芝居のような長いモノローグが追加され、これもたいへん印象的だった。「コカコーラのビンの中で育ち外へ出られなくなったトカゲ」に、男はいまの日本の姿を見る。「戦争と戦争の間にオレたちはいる」「せめてその象にサーカスの芸当を教えてやろう」

 PANTAさんのステージの最後は、中川五郎さんとの共作「For a Life」。そしてアンコールに宮原さんとのデュエット「スプーンみたい」。宮原さんのソロ・アルバム『おかえり』に収められているこの曲で、2人は出会ったのだった。当時のビクターのディレクター氏が、デュエットの相手にと連れてきたのが、なぜかPANTAさんだったのだという。

 それまでのパフォーマンスから一転して、このセクシーな曲をうれしそうに歌うPANTAさんの姿には感慨深いものがあった。歌詞のとおりだとはいえ、ちょっとくっつきすぎだったんじゃないの? 中川五郎さんがこの場にいたら、また嫉妬してたかもしれない^^;

2014年9月16日 (火)

プロデューサーという仕事

 ヘタな考え休むに似たり--というわけで、連休中は、ない知恵をしぼって企画案をひねくり出すべく苦闘していた。

 あーでもないこーでもないと悩んでいるうちに、ふとある本が読みたくなる。あれ? そういえば持っていたような気もするな、とドラえもんの四次元ポケットのような書棚をかき回してみたら、あっさりと出てきた。偉いぞ、昔の自分!

Hosono

 「レコード・プロデューサーはスーパーマンをめざす」(CBSソニー出版)。細野晴臣著となっているけれど、実際はインタビュー・テープを元に編集者が起こしたものだろう。内容はまったく覚えていなかったのだけれど、あらためて読み返してみて、こんなに面白い本だったのかと驚いた。音楽プロデューサーという曖昧模糊とした職業について、具体的に、わかりやすくまとめてある。

 読書用のBGMとして流したのは、あがた森魚さんの『日本少年』。細野さんがあがたさんと共同プロデュースした大作だ。大好きなコンセプト・アルバムではあるのだけれど、読み進めていくうちに、荒井由実さん(ユーミン)にしておけばよかったかな、なんて思ったりもして。初期のユーミンのアルバムには、アルファレコードの村井邦彦さんの名前がプロデューサーとしてクレジットされているけれど、細野さんに言わせれば、村井さんはエクゼクティブ・プロデューサー(平たく言えばお金を出す人)。実際のサウンド・プロデュースをしたのは自分だという自負があると見た。

 こんな感じで、どのページをめくっても興味深い話ばかり。これを読んで何の印象も残ってなかったというのは、どういうわけだ? ポップな体裁に騙されて読み飛ばしてしまったものか? さっき、昔の自分を誉めたのは取り消し。 適切なときに適切なものと出会うのは、意外と難しいことなのかもしれない。人間だって同じかな?

2014年9月13日 (土)

割れた割れた~

 こらえきれずに割れたっけ~♪

 先日の大掃除の余禄。部屋を片付けたついでに、しばらく使ってなかった楽器のケースを開けてみたところ……。あちゃ~。B&Dのテナー・バンジョーのドラムヘッドが、ぱっくりと割れている。もしかして、これってほんものの牛皮だったのか……? 日本の気候に耐えられなかったとみえる。とほほほほ。

Dsc07449

 --というわけで、新しい皮を張らねばいかんのだが、径は11インチでいいんだよな? 皮はプラスチック製にするとして、どんなタイプにしようかな? ちゃんと調整してもらったほうがいいかな? バンジョーはメンテナンスがたいへんだから、私みたいなズボラな人間には向かない楽器なのかもね。誰か相談にのってくれそうな人を探さなくちゃ^^;

Bandd01

 こちらは在りし日の姿。こんな風に無事復活しますように。

2014年9月 8日 (月)

縁は異なもの……

 仕事の打ち合わせで新宿へ。たまたま時間の都合がよかったため、2件まとめて片付けることができた。おまけに待ち合わせの場所へ行く途中で、長年ごぶさたしていた知り合いとぱったり出くわしたりして。考えてみれば、この人もライター仲間なのだよな。新宿では不思議といろんな人を見かける機会が多いのだが、それにしても仕事がらみでこれだけ続くと、何かの因縁のようなものを感じてしまう。

 ここで話は明後日のほうに迷走して、私が新宿でたまたま見かけた有名人といえば、地下鉄の階段ですれちがった鈴木清順監督、喫茶店のトイレで隣になった山本晋也監督、なぜかアルタ前を走っていた人間椅子のギタリスト和嶋慎治さん、ギターを抱えて山手線に乗っていた野村義男さん、同じく山手線のホームで見かけた初代「いいとも青年隊」の3人、地下街をさっそうと歩いていた元NHKの女子アナの方(名前が出てこない!)……。まあ、素直に考えれば、それだけ業界人の集まるべき場所がたくさんあるということなのだろう。それにつけても新宿は面白いところだよ。

 それはさておき、打ち合わせは1時間半ほどで無事に終了。出てきたついでということで、そのあと石橋楽器店にも寄った。新宿御苑に近いから、蚊に刺されないようにしなくては。ここで新刊の「SLIDE GUITAR」(シンコーミュージック)ほかを購入。スライド・ギターは個人的に取り上げたいテーマの1つだったんだよね。先を越されちゃったな~^^; まあ、別のアプローチがあるか……。

2014年9月 3日 (水)

撮影本番!

 先日からドタバタしていた大掃除の成果を試されるときがきた。いよいよ例のドキュメンタリー映画のクランクイン。うちの仕事部屋でのロケーション撮影。--というわけで、先ほどまでごちゃごちゃやっていたのだよ。

 やってきた撮影スタッフは、カメラマン兼監督と、プロデューサー兼助手(?)の2人組。ライティングはなしで、自然光(と天井の蛍光灯)だけで撮った。業界の事情についてはよく知らないけれど、報道取材のスタイルに近いような感じだろうか?

Dsc07445

 けっこうゴツい三脚に、コンパクトな印象のビデオカメラ。どんな映画になるのか、撮影している当人もまだわかっていないと言っていたから、撮られるこちらがわかるわけもない。言われるままにPCのキーボードを打ったり、インタビューに答えたり、楽器を見せたり、歌を歌ったり(え?)……。いちばん時間をかけたのが楽器の撮影だったってことは、きっとそっちが主役に違いない^^; まあ、想像するに、地味におじさん群像を描いた非商業映画みたいなものになるのかな?

Dsc07444

 あらためて思ったけれど、取材するよりも取材されるほうがなんぼか楽だよな。こちらは全然疲れなかったけれど、カメラマン氏のほうは最後にはふ~ふ~言っていた。お疲れ様。こんなんでちゃんと絵になるのだろうか? 正直半信半疑。少しは使ってくれるんだろうね~?

 そんなこんなで本日の収穫は、お土産にいただいたヨックモックのクッキー(だと思う)。これはけっこううれしいな。

2014年9月 1日 (月)

時ならぬ大掃除

 土日はず~っと仕事部屋の掃除をしていた。

 近々ドキュメタリー映画の撮影をする--なんてことを言われている。うちで撮るとしたらやっぱりこの部屋だろうな。だとしたらこの汚い部屋の映像が未来永劫残ることになるんだな。それはやっぱりまずいだろ。--というような思考の末に部屋を片付けることにしたわけだ^^;

 最初はどこから手をつけていいものか途方にくれていたのだけれど、まあ、最終的なイメージはとりあえず置いといて、端のほうからひたすら荷物をどかす作業を進めることにした。

Dsc07432

 古い資料類をどうするかは少し悩んだけれど、コンピュータ関係のプレスリリースやカタログは、思い切って全部捨てることに。この分野の資料は、何年も経つとほとんど役に立たなくなるからね。--というわけで、1日でこれだけのゴミが出た。あとは一括して廃品回収に。

 コンピュータ関連の雑誌や書籍類も、まず役に立たないのだけれど、今日のところはとりあえずキープして、あらためて処分を検討することに。自分の記事が載っているものはなかなか捨てられないというのもあるんだよね~。それにつけても、あんなに苦労して書いたものが、いまとなっては一文の価値もないというのは、ひたすらむなしい……。

 楽器のカタログ類は当然キープ。長い間忘れていたコンサートや映画のプログラムもたくさん出てきたけれど、これはどうしようかな?

Dsc07433

 そんなこんなで、これが作業前の状況(2日め)。実は、手前のほうがもっとすごかったのだけれど、写真を撮るのを忘れて片付けてしまったため、証拠写真はなし^^;

Dsc07436

 格闘すること数時間。だいぶ床が見えてきた。ぜーぜー。

Dsc07440

 ……はいいのだけれど、置く場所がなくて、もう一度同じ場所へ積み直し。結局、あんまりきれいにならなかった。ふ~。

 本棚も少し整理して、音楽関係の著書を前面に。仕事場の本棚は、半分プレゼンテーション用なのだよね。誰も見に来る人はいないとはいえ。<ダメじゃん!

 さて、あとは机の上が丸々残っているな……。これは明日にしよう。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »