« 久々の通院日記 | トップページ | 時ならぬ大掃除 »

2014年8月27日 (水)

NHKでハンマー・ダルシマー談義

 ハンマー・ダルシマーの小松崎 健さんが出演されると聞いて、昼間のNHK総合テレビ「スタジオパークからこんにちは」を視聴する。

 朝ドラ「花子とアン」の音楽(冒頭の主題歌は除く)を担当していらっしゃる作曲家の梶浦由記さんがゲストの回で、その演奏の中で使われたハンマー・ダルシマーの話になり、実際にプレイした小松崎さんがスタジオに呼ばれて生演奏--という運びだった。

 「花子とアン」のBGMでは、イリアン・パイプ、ハンマー・ダルシマー、アコーディオンといった私好みの楽器が効果的に使用されていると以前から感じていたため、どんないきさつで曲が書かれたのか興味を持っていた。今日の放送で、かなりの事情がわかってほぼ満足。また、梶浦さんの経歴をお聞きして、とくにアイリッシュ/ケルティック・ミュージックの専門家ではないこと(これは予想どおり)が確認できたのもよかった。

 小松崎さんの演奏をもっと聴きたいなという気分にもなったけれど、番組の趣旨からすれば、まあ、こんなものなのだろう。ハンマー・ダルシマーの生演奏が全国ネットで放送されただけでもよしと思わなければ。

 梶浦さんのお話で、驚いたことが2つ。

 1つは映画音楽のデビューが市川準監督の「東京兄妹」だったということ。東京・雑司が谷の周辺が舞台のこの映画には、いまはなき私の実家が、最後のほうでワンカットだけ映っているのだ。撮影があった事実を知らずにいたもので、上映後ずいぶん経ってから知り合いに教えてもらって驚いた。その後、苦労してビデオを入手して確認することができたのだが、確かに自分がよく知っている場所のはずなのに、まるで現実のもののような気がしないという、奇妙な感覚を味わったものだ。

 そちらにばかり気をとられて、音楽に関しては何も覚えていない。今度聴き返してみよう。

Tokyokyodai

 これがそのシーン。著作権のからみで、ほんとは載せてはいけないのかもしれないけれど、もともと自分の家なのだし、なんとか勘弁していただければと思う。

 もう1つの驚きは、同じNHKの番組「歴史秘話ヒストリア」の音楽も、梶浦さんが書いていらっしゃったということ。こちらはまったく自分の感性と相容れるところのない音楽(ざっくりまとめると大嫌い^^;)だと思って聴いていたので、ほっこりした「花子とアン」の音楽とはまったく結び付けられないでいた。やっぱり後者のほうが私は好きだな。

 ヤボなことを言い出すと、ハンマー・ダルシマーが「主にアイルランドで使われている楽器」という梶浦さんの解説にもつっこまなければいけないところだけれど、ずいぶんと長くなりそうなのでこの辺りで……。

« 久々の通院日記 | トップページ | 時ならぬ大掃除 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
今日のスタジオパークは チャンネルを切り替える時に
素通りしてしまいました。
ちゃんと見ておけば 今日の記事の内容がわかりましたのにね。
 
おぉ、ワンカットでも ご実家が写っていると言うのは素敵ですね。
また風情のあるお宅、横の木とのバランスが絶妙なお写真です。
 

>花mameさん

まあ、純粋にバラエティとして見れば、
そんなに面白い内容ではなかったようですし……^^;

「風情のある」と言えば聞こえがいいですが、
ただただ、ボロい家でした。
個人的には愛着はありましたけど。

横に生えているのはヒマラヤスギですね。
この木も、もうありません。ふ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKでハンマー・ダルシマー談義:

« 久々の通院日記 | トップページ | 時ならぬ大掃除 »