« 大滝詠一さんの創作の秘密に迫る大冊 | トップページ | ソーラスのライブ&打ち上げ »

2014年6月 2日 (月)

孔雀の舞

 渋谷・文化村オーチャード・ホールでヤン・リーピン「孔雀」を見る。

 ヤンさんのステージを見るのは「シャングリラ」「クラナゾ」に続いて、これが3回めだが、やはりこの「孔雀」が代表作なのかな? 十八番の孔雀の舞が全編で見られて、もう思い残すことはない(?)。

 舞台の脇に演奏者がいて、一部生演奏だったり、ステージ上でハングドラムやディジャリドゥ(だよな?)の合奏があったりと、演出もなかなかこっていて面白かった。最初から最後まで、ず~っと回リ[続けている女の子もいたりして……。

 --というところで、日付が変わって、今日は同じ渋谷でソーラスのコンサート。新作の「SHAMROCK CITY」がよかったし、カラン・ケイシーさんもゲストで参加するそうだしで、めっちゃ楽しみなのだ。

« 大滝詠一さんの創作の秘密に迫る大冊 | トップページ | ソーラスのライブ&打ち上げ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孔雀の舞:

« 大滝詠一さんの創作の秘密に迫る大冊 | トップページ | ソーラスのライブ&打ち上げ »