« 70年代以降のギブソンのカタログ(2) | トップページ | Nothing is better than my wife »

2014年5月14日 (水)

渋谷で平松さんのライブを聴く

 締め切りも近いし、こんなことをしているバヤイではないのだが、やはり昨夜のライブについて書いておかなければ。

 渋谷Wasted Timeで、「極音女人」と題する3人の女性シンガーをフィーチャーしたコンサート。途中いろいろあって、開演時間をだいぶ遅れて到着。おかげで最初のそらぼっくりさんのステージは見られなかった。お名前から想像していたイメージとは異なり、たいへんきれいな方だったので、見逃して損したような気分。 <相変わらずしょ~もない^^;

 2人めのちばりさんも初見。主にエレクトリック・ピアノ、1曲だけ三線の弾き語り。沖縄の方だそうで、英語の歌もあの歌い回しでこなす。なかなか面白い。

 最後は平松八千代さん。バックのギターは西海孝さん、ベースが金森佳朗さん--というトリオでの演奏。平松さんには珍しく、しっとりとしたステージだったような……。考えてみれば、西海さんのギター(とコーラス)を聴くのも久しぶり。控えめながら、つぼを押えたよい演奏だったのではないかと思う。

 終演後、平松さんにご挨拶に行って、4曲入りミニ・アルバムをいただく。わ~い! 「Water, Paper & Clay」というタイトルは、ユニット名でもあるのかな? ここは感想を書かねばならぬところだが、締め切りでかなり切羽詰っているもので、それはまたあらためて……。

« 70年代以降のギブソンのカタログ(2) | トップページ | Nothing is better than my wife »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷で平松さんのライブを聴く:

« 70年代以降のギブソンのカタログ(2) | トップページ | Nothing is better than my wife »