« 渋谷で平松さんのライブを聴く | トップページ | 奇妙なワークショップ »

2014年5月17日 (土)

Nothing is better than my wife

 みなさんはこの英文をどう訳されるだろうか?

 きっと「カミさんに勝るものはない」「カミさんが一番」くらいの意味なのだろうが、以前からこの否定構文の解釈が腑に落ちないでいた。

 だって、素直に読めば、「うちの奥さんよりも何もないほうがまし」って訳になりません?

 「何をバカなことを」と思われるかもしれないが(まあ、実際バカなんだが)、この直訳日本語があながち見当はずれでもない証拠に、こんな三段論法を見つけてしまった。

  (大前提)Nothing is better than my wife.
  (小前提)A penny is better than nothing.
  (結論) A penny is better than my wife.

 結論だけ訳すと、「はした金でもカミさんよりはまし」^^; まあ、昔からあるジョークらしいのだけれどね。英語国民でもそんな風に感じるんだ~。なんかうれしいな。

 ものは試しで、Yahoo翻訳にも訳させてみた。

  Nothing is better than my wife.
  何も、家内よりよくありません。

  A penny is better than nothing.
  ペニーはないよりはましです。

 ついでにもう1つ。

  Nothing is impossible.
  何も不可能でありません。

 う~ん……。Yahoo翻訳のほうが、私よりも優秀みたい……。

« 渋谷で平松さんのライブを聴く | トップページ | 奇妙なワークショップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
 
ふふ、
こういうのって どうして常に対象が「my wife」なんでしょね ( ´艸`)プププ
 
そういえば
"All about my mother" を 「何事にもアバウトなうちの母ちゃん」と
訳していた おヒトがいましたっけ・・・。

>花mameさん

ご婦人方には、さぞかしご不満なことではないかと存じます。
「my husband」でも論理的にはなんら支障はありませんので、
適宜読み替えていただければよろしいかと^^;

でも、まあ「亭主元気で留守がよい」ともいいますし、
必ずしも旦那様が一方的に優遇されているということも……。

珍訳ではありませんけど、
「毎日がエブリデイ」とおっしゃったお母様がいらっしゃったそうで。
ご本人は「ホリデイ」と言いたかったらしいですが……。

あははっ o(*^▽^*)o
 
毎日がエブリデイですか〜 確かに そうですわね ( ´艸`)プププ
 
最近、よく見間違い 読み間違いをしまして、
Robinさんの その部分の お返事を一瞬
「毎日がエブリボディ」と読んでしまいました (;´Д`A ```
「ホリデイ」の「ホ」を「ボ」と読み違えるのも どうなのよ・・・
と言った感じですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nothing is better than my wife:

« 渋谷で平松さんのライブを聴く | トップページ | 奇妙なワークショップ »