« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

大滝詠一さんの創作の秘密に迫る大冊

 レコード・コレクターズ増刊「大滝詠一Talks About Niagara」(ミュージック・マガジン)を読んでいる。

Otakibook

 「コンプリート・エディション」とあるように、2011年に出版された書籍の増補改訂版のようだ。こんなに早く改訂版を出すことになるとは、当のご本人も含めて、おそらく誰も思っていなかったのではないか。

 470ページもある分厚い本のうち、まだ153ページしか読んでいないのだが、新たに付け加えられたという冒頭のインタビュー記事「1970~1972」に目を通したところで、久しぶりに「シングルス・はっぴいえんど」「大瀧詠一ファーストアルバム」を聴きたくなって、早くも中断……。

Happysingle

 「シングルス・はっぴいえんど」(ベルウッド 1974)は、「Oldies and Badies」という、なにやら皮肉めいた副題がついたシングル盤のコレクション。はっぴいえんどのシングル3枚と、大滝詠一(めんどくさいので、タイトル以外の名前はこちらで統一させていただく)のシングル2枚、細野晴臣のシングル1枚、計12曲を収めてある。いままで気にしてもいなかったが、LPのA面が大滝&細野のソロ曲、B面がはっぴえんどの曲となっているところが面白い。

 このアルバムのポイントは、シングル用の別テイクやアルバム未収録曲が半数を占めていたことだろう。はっぴいえんどは、「12月の雨の日」「はいからはくち」がアルバムとは別バージョン。大滝さんのソロは、「空飛ぶくじら」がアルバム未収録。残りの3曲も別バージョンのようだ。このあたりの事情は、上記のインタビューを読んで、すとんと腑に落ちた。

Bellwood

 余談ながら、ベルウッドのシングル・コレクションの企画は、はっぴいえんど以外にもあったような気がして、先日、楽器のカタログを整理したときに見つけていたベルウッドのカタログをチェックしてみたら、「シングルス・六文銭」がレコード番号1番違いで載っていた。するってぇと、この2つのグループがベルウッドの2枚看板だったってことか? あがた森魚さんは、アルバム1枚にするほどシングル盤出てなかったのかな?

Otakifirst

 「大瀧詠一ファーストアルバム」に関しては、レコードのマトリクス番号の話が面白かった。この数字はレコードごとのプレスの版数みたいなものを表わしているらしいのだが、私の持っている同LPだと、0SKLB 6025 X-3/6026 X-3。湯浅学さんの説明によれば、この数字でアメリカ・カッティグのマスターを使った73年のプレスであることがわかるそうな(詳しくは本書を読んでください)。いや~、今日の今日まで、こんな数字のことなんか気にしたことなかったよ^^;

 さて、話を元に戻して。本書では、それぞれの曲がどのようにして生まれたかを、大滝さん自らが元ネタを明かしながら紹介してくれるのだが、これが興味深い半面、なんか手品の種明かしみたいで、正直聞かなきゃよかったという気分にもなった。そういう分析的な聴き方をしたい人にはすごくタメになるんだろうけど、個人的には魔法は魔法のままにしておきたかったかも。それと、大滝さんが根っからのサウンド志向の人なんだなというのも、あらためてよくわかった。

2014年5月26日 (月)

歯医者さんと運動会

 久々の歯医者。御茶ノ水の歯科病院で、歯茎のチェックと、歯石の除去、それから歯磨き。しめて260円なり。時間も15分くらいで片付いた。とくに大きな問題は起きてないみたい。やれやれ。

 次回はまた3ヵ月後ということで、8月25日(月)午後2時から。覚えてられるかな?

 雲行きが怪しかったため、どこにもよらずに帰宅したのだが、まだ雨は降る気配なし。しかも、隣の中学で始まった運動会の予行演習がやけにうるさい^^; まだ音楽も鳴り物もないというのに、拡声器を使った先生の指示が、部屋の中でも耳に響くほど、異様にデカいのだ。

 しょーがないから、スティービー・レイ・ボーンをガンガン鳴らして、外の音をマスキングする作戦を敢行する^^; そもそも体育教師のマッチョイズム(マチズモ?)を強調するような物言いって、苦手なんだよね。生理的に受け付けないっていうか……。

2014年5月25日 (日)

ハンドクラフト・ギター・フェスと名主の滝公園

 昨日は錦糸町で開催された東京ハンドクラフト・ギター・フェスへ。ギター、マンドリンを中心にいろいろ試奏させていただいた。

 アコースティック・ギターは、SUMI工房のオリジナル・ギター、アコースティック・ワールドのマーティン・コピー、夢弦堂の12フレット・スモール・ボディ、キーストーン・ストリングド・インストルメントのオリジナル・ギターなど。とくに、キーストーンの斬新なデザインのギターには驚かされた。

 マンドリンは、おなじみアコースティック・ワールドで2本、サカタ・ギターズのブースで1本。やっぱりハンドクラフト・ギター・フェスで毎年マンドリンが弾けるのはうれしい。

 このほか、コリングスのカタログをもらったり、ウクレレを弾いたりといろいろあったけれど、今年のハイライトは、生まれて初めて弾いたギタロンかな? ギターのオクターブ下のチューニングで弾かせてもらったが、弦高が高くて、押えるだけでもたいへんだということがよくわかった^^;

Dsc07366

 茶位ギター工房のギタロン。アップライトに構えて弾けるように脚が付いていた。やはりエレアコ・ベースとはたいぶ感覚が違うようだ。

Dsc07367 Dsc07368

 一夜明けて本日は、王子の名主の滝公園を散策。

Dsc07376

Dsc07377 Dsc07379

 ここは坂道が迷路のように配置されている上に、植林の効果もあって、実際以上に広く感じる。

Dsc07370 Dsc07382

 その名のとおり、滝もあれば池も川もあり、上からそれを見下ろしたり、下から見上げたりできる。なかなかよい雰囲気の場所なのだ。

Dsc07369 Dsc07383

 橋をわたってさらに先へ。

Dsc07384

 この公園の一番の目玉と言うべき、男滝。このほかに女滝もある。

 公園の帰りに、近くの王子稲荷におまいりしてから帰宅。王子といえばやはりキツネだわな。

2014年5月24日 (土)

フェンダー・ヴィンテージ・クロニクル

 昨日はちょっとした打ち合わせがあって、京王線の明大前まで。行きの電車の中でふと気づいたら、肩にかけていたリュックサックのポケットが空いていて、中の携帯電話がなくなっていた。う、すられたかな!

 まったく、何をぼ~っとしてるんだか^^; タダで押し付けられた携帯で、ほとんど使ってなかったとはいえ、あんまり気持ちのいい話じゃないよな。家に帰って、いろいろと事後処理をする。ふ~。

Fender

 苦あれば楽あり。昨日は新しい本も届いた。「フェンダー  ストラトキャスター&テレキャスター  ヴィンテージ・クロニクル」というムックだ。発行元は晋遊舎。最近はギターの本も出してるんだね。編集プロダクション経由の仕事だったので、ここだけの話、本が届くまでどこから出版されるのか知らなかった(まっとうなライターなら尋ねてると思う^^;)。--というか、てっきり別の出版社から出るもんだと勘違いしていた。

 とはいえ、内容は、なかなか高水準なのではないかと思う。ギターの写真もすばらしいのだけれど、それにも増して、ギタリストの写真がよかった。ほとんど初めて見るものばかりな上に、ストラトやテレキャスを弾くその姿が、どれもほれぼれするほどかっこいい。

 私はそのギタリストの紹介文と、現行のフェンダー(USA&メキシコ)のビンテージ・モデルの解説を書かせていただいた。ちゃんと数えていないけれど、ギタリストの紹介文は7割以上私が書いてるんじゃないかな? けっこうきついスケジュールで、五月雨式にいろいろ書かされた^^;

 それはそれとして、今日は錦糸町で開催中の東京ハンドクラフト・ギター・フェスに行ってきた。相変わらずギター三昧な毎日だ。例によって、いろいろ試奏させていただいたけれど、その話はまた明日にでも。

2014年5月22日 (木)

Water, Paper & Clay

 ペンタトニック風の調べがどこか懐かしい。フォークル--いや、もっとさかのぼって、中山晋平さんにも通じるような古風なメロディだ。アコースティック・ギターのアルペジオを基調としたアレンジ。そして12弦ギターにマンドリン。いまやっているNHKの朝ドラの主題歌にもいいかもしれないな。

Waterpaper

 平松八千代さんからいただいたミニ・アルバム「Water, Paper & Clay」を聴いている。水と紙と粘土。メリー・ホプキンとは関係なさそうだ。歌の歌詞にもそれらしい表現は出てこないけれど、ユニット名なのだろうか?

 ボーカルが平松さん(クレジットには「八千代」とのみ記載)、曲とギターが森 保道さん、ベースとマンドリンが金森佳朗さん、詞がオイカワヒロさん。平松さんの歌を聴いた森さんが、このユニットでのレコーディングを思いついたのだという。

 平松さんを初めて知ったのは、TBSテレビの深夜番組「三宅裕司のいかすバンド天国」--略してイカ天だった。LANPAというバンドのリード・ボーカルとして、グランドイカ天キングに王手をかける4週連続勝ち抜き。群を抜くセンスと天性の美声で、鮮烈な印象を残していった。

 そのままLANPAでメジャー・デビュー。そして解散。しばらく噂を聞かないなと思っていたら、山弦の小倉博和さん、佐橋佳幸さんといっしょにSOYというユニットを始めて、98年にアルバムをリリース。このときはまた出会えた気がしてうれしかったな。いや、まだ面識はなかったのだけれど。

 以降は、斎藤誠さんや、桑田佳祐さんらのバック・コーラスを担当したり、ソロ・シンガーとしても活躍したりして今日に至る。すでにベテランの域に達していると言ってもいいのに、その歌声は最初に聴いた頃と変わらず、どこまでも瑞々しい。

 ミニ・アルバムの収録曲は4曲。どれもほとんどテンポが変わらず、アレンジもよく似ている。最初は地味な印象も受けたけれど、スルメのように噛めば噛むほど味が出てくるかも。

 個人的なべスト・トラックは、「春風情歌」。レトロな歌詞と和風のメロディ・ラインがよく合って、なかなかに滲みる。「サクラチル」も同様の趣だ。

2014年5月21日 (水)

孤独な月のかたわらに風を起こす

  弦の中に蜂蜜を仕込み
  孤独な月のかたわらに風を起こし
  全能の調べをかなでる
  幽霊のように弾き始め
  あるじのように弾き終えた
  
北でフィドル 南でフィドル
  君の言いたかったことを音に変え
  こちらでフィドル あちらでフィドル
  あらゆるものを救い出した
            (S.V.バネット「The Mountain Whipoorwill」)

 岸本一遥さんのフィドルを聴くと、こんな歌の一節を思い出す。

 昨夜は、武蔵小山Againで、岸本さんが率いるえーじゃん・ばんどのライブを見た。Againにうかがったのは、昨年やった出版記念のトーク&ライブ以来だ。ずいぶんのごぶさただったけれど、暖かく迎えていただいた。大瀧詠一さんにまつわる貴重な資料を見せていただいたりもして、たいへんありがたや。

 岸本さんのステージは、マンドリンを弾きながらの歌と、フィドルのインスト曲を半々ずつという構成。ほとんど自作曲のはずだ。えーじゃん・ばんどを聴くのも久しぶりだったけれど、それでも半分くらいの曲は知っていた。

 マンドリンも個性的なスタイルで面白いとはいえ、それでもフィドルの説得力にはかなわない。ほんとうに蜂蜜を仕込んだみたいな音なんだぜ。魂まるごと海の底から引き上げられたような気分になった。

 最後に思いっきり余談。

 岸本さんはフィドルの顎当てをはずしていた。じゃまになるからとっぱらってしまったそうな。バイオリンに顎当てが付くようになったのは比較的最近で、ルイ・シュポアという人が、1810年頃に開発したと言われる。もちろんストラディバリもガルネリ・デル・ジェスも、顎当てなんてものの存在は知らなかったわけだ。思うに、顎当ても肩当てもなかった時代のバイオリンの巨匠が現代によみがえって、その人が張本さんみたいな性格だったら、カツを入れまくってるんじゃないのかな?

2014年5月20日 (火)

奇妙なワークショップ

 明け方に見た夢。

F5dream

 武道館のような大きな会場で、音楽のワークショップが開かれている。講師は3人のおじさん。1人は細野晴臣さんのように見える。YMOのワークショップか? ステージから離れた楽屋部屋で知り合いと雑談をして時間をつぶす。するとステージに現われたのは、C-3PO……と言われたのだが、のっぺりとした顔のデッサン人形か、あるいはキリコの絵にしか見えない。黄色はまだしも、緑やピンクのヤツまでいる。それから音楽の演奏が始まった。

 演奏のあとはQ&Aタイム。ところが、とっさによい質問を思いつかない。なんとかマンドリンの弾き方に関する質問をひねくり出してたずねると、細野さんだと思っていた人が答えてくれた。あれ? この人はビル・モンローだったのか!

2014年5月17日 (土)

Nothing is better than my wife

 みなさんはこの英文をどう訳されるだろうか?

 きっと「カミさんに勝るものはない」「カミさんが一番」くらいの意味なのだろうが、以前からこの否定構文の解釈が腑に落ちないでいた。

 だって、素直に読めば、「うちの奥さんよりも何もないほうがまし」って訳になりません?

 「何をバカなことを」と思われるかもしれないが(まあ、実際バカなんだが)、この直訳日本語があながち見当はずれでもない証拠に、こんな三段論法を見つけてしまった。

  (大前提)Nothing is better than my wife.
  (小前提)A penny is better than nothing.
  (結論) A penny is better than my wife.

 結論だけ訳すと、「はした金でもカミさんよりはまし」^^; まあ、昔からあるジョークらしいのだけれどね。英語国民でもそんな風に感じるんだ~。なんかうれしいな。

 ものは試しで、Yahoo翻訳にも訳させてみた。

  Nothing is better than my wife.
  何も、家内よりよくありません。

  A penny is better than nothing.
  ペニーはないよりはましです。

 ついでにもう1つ。

  Nothing is impossible.
  何も不可能でありません。

 う~ん……。Yahoo翻訳のほうが、私よりも優秀みたい……。

2014年5月14日 (水)

渋谷で平松さんのライブを聴く

 締め切りも近いし、こんなことをしているバヤイではないのだが、やはり昨夜のライブについて書いておかなければ。

 渋谷Wasted Timeで、「極音女人」と題する3人の女性シンガーをフィーチャーしたコンサート。途中いろいろあって、開演時間をだいぶ遅れて到着。おかげで最初のそらぼっくりさんのステージは見られなかった。お名前から想像していたイメージとは異なり、たいへんきれいな方だったので、見逃して損したような気分。 <相変わらずしょ~もない^^;

 2人めのちばりさんも初見。主にエレクトリック・ピアノ、1曲だけ三線の弾き語り。沖縄の方だそうで、英語の歌もあの歌い回しでこなす。なかなか面白い。

 最後は平松八千代さん。バックのギターは西海孝さん、ベースが金森佳朗さん--というトリオでの演奏。平松さんには珍しく、しっとりとしたステージだったような……。考えてみれば、西海さんのギター(とコーラス)を聴くのも久しぶり。控えめながら、つぼを押えたよい演奏だったのではないかと思う。

 終演後、平松さんにご挨拶に行って、4曲入りミニ・アルバムをいただく。わ~い! 「Water, Paper & Clay」というタイトルは、ユニット名でもあるのかな? ここは感想を書かねばならぬところだが、締め切りでかなり切羽詰っているもので、それはまたあらためて……。

2014年5月11日 (日)

70年代以降のギブソンのカタログ(2)

 昨日のギブソンのカタログ紹介の続き--というか、新たにもう1つ見つかったので追加。

Catalogg10

 これもギター・マガジン2007年9月号の誌面を元に再構成したもの。発行元はギブソン・ジャパン。VOS(ビンテージ・オリジナル・スペック)シリーズ、12モデルを紹介している。

 その内訳は、レスポール・スタンダード系5モデル(56年、57年ゴールドトップ、58年、59年、60年サンバースト)、レスポール・カスタム、レスポール・ジュニア2モデル(シングル&ダブル・カッタウェイ)、レスポール・スペシャル2モデル(シングル&ダブル・カッタウェイ)、SG2モデル(スタンダード、カスタム)。

 VOSはヒストリック・コレクションのバリエーションで、ほとんど使われないまま保管されてきたミント・コンディションのビンテージ・モデル(のレプリカ)--というコンセプトの下に開発された製品だそうな。

2014年5月10日 (土)

70年代以降のギブソンのカタログ

 レスポール・リイシューの原稿を書くには、昔のカタログもチェックしておいたほうがよさそうだ。そう思い立って、長年ほっぽらかしてあったカタログ類の山を整理することにした。……のはいいけれど、すぐに挫折^^; 要するに、整理した資料を収めるための場所を確保するところから始めなければどうしようもない。それにはそうとう時間がかかりそうだ。

 --とはいうものの、この作業のおかげで、楽器の古いカタログがいろいろ出てきて面白かった。ギブソンに限らず、フェンダー、マーティン……、さらにブルーベル、カスガ、ヘッドウェイ、ヤイリ、トーカイといった国産のメーカーいろいろ。こんなものもあったんだと思う一方で、あるはずのものが見当たらなくて考え込んだり……。

 覚書の意味もこめて、ここでギブソンのぶんだけでもまとめておこう。発行元をチェックすることで、代理店の変遷が一目瞭然だったりするのも面白い。直近の原稿書きの資料ということで、今回は表紙のみ。そのうち気が向いたら、もっと詳しくご紹介するかもしれない。

Catalogg1

 ギター(含むエピフォン)、ベース、バンジョー、マンドリンまでまとめた豪華カタログ。発行元は神田商会。発行年は書かれてないが、レスポール・スタンダードが載っていない(代わりにレスポール・デラックスが載っている)ことなどで、70年代半ばのものだとわかる。

Catalogg2

 これはカタログというよりプライス・リストだが、しっかり写真も載っている。ザ・レスポール、レスポール・アーティザンなどが作られていた70年代後半のもの。発行元は日本ギブソン。

Catalogg3

 レスポール・ヘリテイジ80(レスポール80)が載っている80年代初頭のカタログ。バンジョー、マンドリン、エピフォンのギターも含む。発行元は日本ギブソン。

Catalogg4

 カスタム・ショップが本格的にスタートした93年の時期のカタログ。この年はレスポール・リイシューにとっても、重要な節目となる年だった。アコギやバンジョーは載っているけれど、マンドリンは載っていない。発行元は山野楽器。

Catalogg5

 両面印刷の大きな紙を畳んだだけのカタログ。山野楽器。95年。

Catalogg6

 同じく大きな紙を畳んだだけ。山野楽器。98年。

Catalogg7

 これはカタログではなくて、ギブソン・オフィシャル・ファンクラブの会報0号。表紙はB'zの松本隆弘さんのアーティスト・モデル。ベースはレスポール・スタンダードなのに、ポジションマークがパーロイドじゃないところが、個人的に好み。山野楽器。2001年。このファンクラブがどんな活動をしたかは、よく覚えていない^^;

Catalogg8

 全80ページの豪華なカタログ.。エレクトリック・ギターからはじまって、アコギ、マンドリン、バンジョー、ドブロ、ギター・アンプ、弦、パーツまでと、かなり力の入った内容だ。2004年。山野楽器。

Catalogg9

 そしてこれが、現在配布中の最新のカタログ--というよりも、ギターマガジン(リットーミュージック)の誌面を元に再編集したレスポール・リイシューを紹介する小冊子。発行元はギブソン・ジャパン。

2014年5月 8日 (木)

ギブソン・ジャパンを訪れる

 パスモを使うようになって気づいたこと。あまり出かけていないつもりでいても、意外と電車賃はかかるものだ。なんだかんだですぐ残高不足になって、チャージし直さないといけない。

 --というわけで、昨日も1000円チャージ。それからレスポール・リイシューの取材で、八重洲のギブソン・ジャパンまで出かけた。最初は地下鉄で大手町まで出て、それから東京駅に向かって歩こうかとも思ったのだが、八重洲方面に抜けるとなると、そこそこ時間がかかる。そこでオーソドックスに山手線で東京駅まで行くことにした。

 ギブソン・ジャパン(GIBSON GUITAR CORP. JAPAN)を訪れるのは、実は今回が初めてだった。もともとレスポール・フリークで、レスポール・リイシューも所有している身としては、このモデルについてじっくり聴ける機会は願ったり叶ったり。歴史的な経緯、スペックの変遷、現在のモデルの特徴、カスタム・ショップの現状など、いろいろな話をうかがった。あ~そうかと納得したり、長年の疑問もすっきりと解決したりで、めでたしめでたし。面白い原稿になりそうな予感がするな。

2014年5月 4日 (日)

GWの恒例行事といえば……

 毎年この季節は、草むしりをしているような気がする。仕事もなんとか一段落したので、今日は午後からぼちぼちと。

 ナガミヒナゲシ、スミレ、ハルジオン、タンポポ、ムラサキゴケ、カタバミ、ヤブガラシ……。地下茎で増えるヤツがとくにやっかいだ。今日もドクダミと格闘してへたばった。

Dsc07361

 草むしりの写真の代わりに、我が家のコニファー・コーナー。この手前で作業をしたのだ。左からエレガンティシマ、ブールバード、エメラルド……おまけにヤツデ。エメラルド以外のコニファーは200円くらいのポット苗から育てた。ヤツデは拾った種から。したがって、元手はあまりかかっていない^^;

2014年5月 3日 (土)

美しい詐欺について

 「存在しない国家の偽札作り、美しい詐欺のようなカルテット。」……う~ん。いかにも思わせぶりなタイトルだ。いくらリアルに聴こえても、それは精巧に作られた偽物だってことだよな。このタイトルの真意にこだわったり、そんな文句に騙されないぞと身構えたりした時点で、すでに相手の術中にはまっていたのかもしれない。

 吉祥寺、5月2日。マンダラ2。パーカッションが新しくなった新生トリニテの初コンサートである。岡部洋一さんから小林武文さんへ。岡部さんのパーカッションの印象が強烈だっただけに、どうなることかと思ったが、よりタイトになった印象すら受けた。以前ほど破綻のないぶんスムーズに聴こえた反面、スリリングな要素が少し後退したような気がしないでもないけれど、最終的な判断はまだ保留。アンサンブルが練れていくにつれて、これがどう変化していくかを見極めたい。

 パーカッションがややおとなしかった代わりに、shezooさんのピアノが目立っていたのは個人的な収穫。第2組曲「月の歴史」からの曲が多かったのは、新たな一歩の始まりと解釈すべきだろう。来年には新譜が出るのだろうか?

 会場にいらした大島豊さんに、久々のご挨拶。いろいろためになるお話も聞かせていただいた。shezooさんにお土産(?)を渡して帰宅。ずいぶんと暖かい夜だった。

2014年5月 1日 (木)

螺旋階段を登る(鴨台観音堂)

 「おうだいかんのんどう」と読むのだそうな。

Dsc07345

 家の近所の大正大学構内に、遠目にはサザエのつぼ焼きのような^^;この施設が建てられたのは去年のこと。自由に参拝していいということなので、時間を作ってちょいとのぞいてみることにした。

Dsc07346

 入り口はこんな感じ。中に入ると正面に制吒迦童子が祭ってある。せいたかのっぽ……ではなくて、せいたかどうじ。矜羯羅童子とペアで不動明王の脇侍を務められるお方だが、ここではおひとり。ずいぶん古そうな木像だと思ったら、平安後期の作だそうな。個人の方から寄贈されたとかで、この場所にあることに、あまり深い意味はないと見た。

 そのまま螺旋階段を登る。登ってみてわかったが、螺旋階段だけでできているような建物だ。壁には梵字。そして千住博画伯の手になるという滝を描いた壁画。通路の脇には、かわいげなお地蔵様の像。梵字は般若心境の真言だそうな。波羅僧羯諦 菩提薩婆訶。

 階段を登りきった一番上には、ご本尊の鴨台観音(聖観自在菩薩)が鎮座(堂内は撮影禁止ということで写真はなし)。地域の平安と発展、参拝者の健康と幸福を願って造立されたそうな。ありがたや。

 帰りは上りとは異なる階段で降りる。どうやらDNAみたいな二重螺旋構造になっているようだ。ほんとに「階段だけしかない建物」なんだな。

Dsc07350

 そのまま家まで帰ってくると、モッコウバラが満開になっていた。これだけ広がっていれば、少しは日よけになるだろう。今年の夏も暑いのかな?

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »