« ノートPCが来た | トップページ | 正直、見たくなかった…… »

2014年4月25日 (金)

転送ツールを使ってみた

 昨日はマイクロソフトの転送ツールを使って、XPマシンのファイルや設定内容を新しいマシンに移す作業を試みた。

 このためには、両方のマシンで転送ツールを動かす必要がある。まずWindows 7に標準装備されている転送ツールを起動して、USBメモリにこのツールをコピー。これをXPマシンの側に持ってきて起動させると、転送用のキーが表示される。この数字をWindows 7で入力するとファイルの転送が始まる仕組みだ。転送はLAN経由で行なうことにした。

Tenso1

 ファイルの総量は、48.3GB。最初に17時間かかると言われて、ひっくり返る。いくらなんでもフカシすぎだろうと思ったが、実際に14時間ほどかかった(午後1時ごろから始めて、午前2時前に寝てしまったため、正確な時間はわからないのだが)。この間、両方のマシンには、「転送が完了するまで、このコンピュータを使用しないでください」という文字が表示されていた。

 つまり、2台のコンピュータが長時間にわたり使用不能な状態になっていたわけだ。幸いほかにも使える機材があったから、それで作業をすることができたけれど、予備マシンがなかったら1日分の作業がとどこおりかねない。時間を調節したり、ファイルを分割して転送したり、運用には工夫が必要なようだ。

 気になる結果はというと、システム設定の転送はそこそこうまくいっているようだ。ファイル類は、CドライブのMy Documentに入っていたファイルしか転送されてないような。もちろんアプリケーションの転送はなし。残りのファイルは手動で移すしかないんだな。

 ところで、昨日は新しいノート用のPS/2とUSBの変換アダプタも届いていて、これにキーボードとマウスをつないでちゃんと認識してもらえるかどうかも確認したかったのだが、こんな状況だったので果たせず。今日1日遅れで使ってみた。

Dsc07342

 ものは、このようなシンプルなユニット。右の端をUSBのポートに差し込み、二股になった側にキーボードとマウスのケーブルを差し込む。これだけで、リブートもなしですぐ使えるようになった。PS/2の周辺機器なのに……。あ、こりゃ楽だ。

Dsc07344

 マウスはもちろん、キーボードもいまのところ入力できないキーはなさそうで、めでたしめでたし。……はいいとして、机の上はもうちょっと片さないとな~^^;

« ノートPCが来た | トップページ | 正直、見たくなかった…… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転送ツールを使ってみた:

« ノートPCが来た | トップページ | 正直、見たくなかった…… »