« 160年めの黒船音楽 | トップページ | 飛鳥山散策 »

2014年3月29日 (土)

六義園のしだれ桜

 明日は荒れた天気になるというので、予定を変更して六義園に桜を見に行った。そう考える人が多かったと見えて、入り口前は長蛇の列。しばらく並んで、なんとか入場した。

Dsc07269

 入り口近くのしだれ桜。早くも満開である。2、3日前までは、桜なんてほとんど咲いてなかったのに。

Dsc07278

 しだれ桜を下から見上げる。

Dsc07272

 六義園の桜の木はそんなに多くない。ここは庭園を静かに回るのがいいんだ。

« 160年めの黒船音楽 | トップページ | 飛鳥山散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜はパッと咲きパッと散るってほんとだと思いますよね^^
六義園の庭園はのんびりと歩いてみたいような場所ですね♪
枝垂れ桜、見応えがあります

>すみれさん

ほんとに大きな桜で、1本でもすごい存在感です。

六義園は、徳川綱吉の側用人だった柳沢吉保の下屋敷として整備され、
明治維新後、荒廃していたのを岩崎弥太郎が復興した
--という由緒ある庭だそうで。

子どもの頃からよく来てましたけど、
やっとこの趣がわかるような歳になってきたのかも^^;

あ、そういえば、すみれの花もいっぱい咲いてました。

こんにちは。
 
六義園の枝垂れ桜、
お写真のような満開のものを まだ観たことがありませぬ。
素晴らしいですね
そして、人出の方も・・・。
 
おっしゃるように静かに回るのが いいお庭ですね。
時々催される大道芸なんかをアクセントにしながら。

>花mameさん

飛び石連休はどうお過ごしでしょうか?^^

しだれ桜はなかなかでした。
夜中のライトアップも見物だそうです。

久々に出かけた六義園。ちょっと懐かしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六義園のしだれ桜:

« 160年めの黒船音楽 | トップページ | 飛鳥山散策 »