« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

60年代ブルースに囚われて

 風邪がなかなか治らないため、年末の大掃除は中止^^; げほごほげほ。

 代わりに60年代のブルースのお勉強なんぞをしている(一応仕事)。ひとことでまとめると、フォーク・リバイバルの視点で60年代アメリカのブルースを見直してみようという試みだ。

 シカゴ・ブルースの御大であるマディ・ウォーターズにしても、この時期には『FOLK SINGER』なんていう全編アコースティックのアルバムを出しているし、『REAL FOLK BLUES』『MORE REAL FOLK BLUES』の2枚のベスト盤もフォーク・ファンを対象にして企画されたものだろうし、フォークがらみのコンサートにもいろいろ出ているみたいだし(その一方で思いっきりニュー・ロック寄りの『ELECTRIC MUD』なんていうアルバムも出しているところが油断できないんだが)。なんだかんだで当時のブルース・ミュージシャンの多くは、フォークにずいぶん振り回されてたんじゃないのかな?

 ドイツで開催されたブルース・フェスティバルの模様をまとめたDVDシリーズ『THE AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL』(観客は白人ばっか!)をぼんやりと見返しているうちに、だんだんそんな思いが募ってきた。そういえば、バンガードの『CHICAGO/THE BLUES/TODAY!』シリーズあたりも、モロにフォーク・ファン向けの企画だよねぇ。

Muddywaters
『ブルース&ソウル・レコーズ』誌No.52の表紙になった64年ロンドン公演のマディ・ウォーターズとテレキャスター

 ……なんて言いつつ、まったく別の話も気になっているのだった。マディ・ウォーターズが64年のロンドン公演で使用していた50年代後半製と思われるテレキャスターと、その後よく使用していた赤いボディ(キャンディ・アップル・レッド?)のテレキャスターは、同じものなのか? それともまったく別のものなのか? もし同じものだとしたら、ボディをリフィニッシュし、ネックをローズウッド・フィンガーボードのものに交換し、ボリュームやトーンのノブも付け変え、ピックガードのネジの数も増やし……と大改造をしなければならないのだが……。はたして定説はどっち?

2013年12月27日 (金)

下北沢でDJ

 26日午後7時より、下北沢art ReG cafeでアルテスパブリッシングの忘年会。

 立食形式のパーティで、DJの音楽をバックに、飲んで食べてかつしゃべるという趣向のイベントだ。私も新刊の著者ということで、アメリカン・ルーツがらみの音源をかけさせていただいた。おかげで会費は無料。それはいいとして、80人ほど出席されたとの由で、会場のPAがそれに追いつけていなかった(要するによく聞こえなかった^^;)のが残念。

 --というところで、当日のセットリスト。

  Turkey In The Straw  ヒッコリー・ウィンド
  Hey Jude  エリア・コード615
  Honky Cat  カントリー・ガゼット
  Ophelia  テキーラ・サーキット
  Sailin' Shoes サム・ブッシュ with ジョン・コーワン
  Orange Blossom Special チャビー・ワイズ
  Listen To The Mockingbird  スコッティ・ストーンマン with ケンタッキー・カーネルズ
  Silent Night  デビッド・グリスマン
  Sleigh Ride  サム・ブッシュ

 閑話休題。ディキシーランド・ジャズのオムニバス10枚組CDボックスを、値段の安さ(1,288円!)に引かれてamazonで注文したのが、出かける直前に届いていた。実物を手にするまで気がつかなかったのだが、ジャケット写真のバンジョーは……。

Dixieland

 B&Dのそこそこ上級モデルだと思うのだが、驚いたことに5弦バンジョーじゃないか! ディキシーランドで使うのは、もちろん4弦ショート・ネックのテナー・バンジョーで、レギュラー・ネックの5弦はアウト。……というよりも、B&Dの5弦なんて、探そうったって見つかるもんじゃないくらいレアなのに。

 あんまりお金のかかってないジャケットみたいだけど、よくわかってないスタッフが適当に楽器を調達してきて撮影したんだろうな。……さて、この楽器でブルーグラスを弾いたら、どんな音がするんだろう?

 ちなみにレーベル名はmembran。メード・イン・EUだそうな。あ、肝心の中身の音は、なかなかようございますよ。まだ1枚しか聴いてないけど。

2013年12月23日 (月)

年末スケッチ

 東急ハンズに出かける途中で年賀状を投函。なんとか24日に間に合った。

 師走の街は着飾った人たちであふれている。どの顔も晴れやかな雰囲気だ。ハンズもいい感じに混んでいた。しばらくレジに並んで、金色の塗料のスプレーを購入(ちなみに、レスポール・ゴールドトップを自作したりするわけではない)。

 帰宅後「音楽夜噺」のチラシの印刷。オフィシャルなものではなく、昨日個人的に作成したものだが、そこそこよいでき……と自画自賛。26日のイベントでこっそり配らせてもらおう^^;

Yobanasi2014

 タイトルバックの図版は、古い印刷物から流用させていただいたイラスト。時代がかかっていて、なかなかいい味出ている。おまけに著作権も切れてるし^^;

 そんなこんなで、いよいよ年の瀬。人間が勝手に決めた区切りではあるけれど、なんとなく物悲しい気分になるのは、寒くて日の短い季節だからだろうな。

2013年12月20日 (金)

奇妙な動物園の夢

 明け方に見た夢。

 家の近所を散歩している。よく知っている場所のはずなのに、火山灰が降り積もった上を雪が覆って、まったく見覚えのない景色になっている。道も造成されているようで、どこへ向かっているのか見当もつかない。道の両脇には、丈の低い草が生えた草原がなだらかにどこまでも続いている。

 横道を見つけて歩いていくと、毛の長いヤクのような牛が何頭かいる。これを横目に通り過ぎると、バッファローたちの暮らす牛舎が見えてきた。バッファローは、あごひげを生やした精悍な顔でジロリとこちらをにらみつけてくる。ヤクを見たときにも思ったけれど、ここにいる動物たちはすべて放し飼いのようだ。おそろしくなって、刺激しないようにゆっくりと遠ざかる。

 その先にいたのは異様な姿をした生物たちだ。巨大な顔に長い手がついていて、この2本の手で樹上高くにとまっている。10頭以上はいるだろうか。思い思いに上下に身体をゆすぶっている。長い手が伸びたり縮んだり。まるでヨーヨーのような動きだ。

 襲われないように注意しながら、さらに先へ進もうとすると、道の反対側にいた動物に腕をつかまれた。2本の鼻を持った小犬くらいの大きさの象だ。2本の鼻で私の二の腕にからみついてくる。攻撃の意志はなさそうなので、やんわりとふりほどいて、さらに先へ。

 周りは不思議な生き物だらけだ。しばらく行くと、小さな猿に手を握られた。両手で私の手をつかんで、たどたどしいながらも、なにやら話しかけてくる。人間の言葉がしゃべれるんだ! 挨拶をしてくれているようだが、不気味な姿なのであまり係わりたくない。またやんわりとふりほどいて遠ざかる。

 ここでやっと2人の人間に出くわした。年配の学者風の男と若い助手。この動物園を管理している人たちらしい。「変わった動物がたくさんいますね」と声をかけると、「以前の持ち主が人間を改造して作り出した生物たちです」と言う。え!? 「これからはそういうことのないようにしていきたいと思っています」……ここはやはり恐ろしいところらしい。

2013年12月19日 (木)

やりたいことリスト

 年の終わりが迫ってきて、さすがの極楽トンボもいささかあせり気味。なにから手をつけていいやらよくわからなくなってきた。

 そこで久々のやりたいことリスト。今年のうちに片付けておきたいことを箇条書きにしてみることにした。

<プライベートな用件>

・.年賀状の印刷
・.同宛名書き
・大掃除
・庭木の剪定

 年賀状の印刷は、このリストを書いてる間に完了。宛名書きは土日にすればいいや。

 大掃除は来週まわし! 庭木の剪定(まだ終わってなかったのだ!)も来週。

 
<仕事関連>

・単行本執筆(資料読み、構成案の見直し、ラフ原稿)
・企画案作り
・音楽夜噺選曲
・SCSIケーブル購入
・曲データの修正
・録音

 こちらも、地道に片付けていかなければ。SCSIケーブルもまだ買ってなかったのだ^^; いま価格比較をして、ネットで注文完了。これで2つ片付いた。

 --というわけで、だいぶ頭の中がすっきりしてきた。まだ何か忘れているような気もするが……。

2013年12月16日 (月)

SCSIケーブルの黄昏

 古いMTRのハードディスクがいよいよ心細くなってきたので、あまっているハードディスクをつなげようと思い立つ。ところが、増設用のSCSIケーブルが見当たらない。あれ? 両端がセントロニクス50ピン・フルサイズ(つまりこういうヤツね↓)になっているケーブルって、うちになかったんだっけ?

Dsc07116

 しょうがないから池袋の量販店まで出かけたのが数日前。ところが置いてないんだわ、これが。ハーフのピン・タイプのヤツ(つまりこういうの↓)はあったんだけどね。

Dsc07119

 店員さんに尋ねてみたところ「お取り寄せになります」とのこと。ピン・タイプをセントロニクスに変えるアダプタは置いてあったんだけど、これが思いのほか高価で……。これならフツーにケーブルが買えちゃうジャン。ここでやっと気づいたけれど、いまどきSCSIのケーブル買いに量販店に来る人なんて少ないんだろうな。ほとんどなんでもUSBですんじゃうもんね。

 そんなこんなで、いったん家に帰って頭を冷やすことにした。

 そういえば、ハードディスクがちゃんと使えるかどうかか確認していなかった。SCSIのCD-ROMドライブをはずして、ここにハードディスクを接続。ドライブを選択して、フォーマット。ふむ。ちゃんと認識しているみたいだ。あとはケーブルさえあればOKのはず。

 さて、取り寄せは可能なようだけれど、秋葉原のジャンク屋あたりで安く手に入らないものか? --というか、いま秋葉原ってどうなってるんだろ? しばらく行ってないけれど、ジャンク屋ってまだ残ってるのかな?

2013年12月15日 (日)

二日酔いモード

 ジャズ喫茶いーぐるの忘年会。ジャズには縁がない身だが、先日出版記念のイベントをやらせていただいた関係で出席する。

 ……はいいのだが、今朝になってみると、半分記憶が飛んでいる^^; どうやって帰ったかよく覚えていない。調子に乗って飲みすぎたようだ。何か不始末を仕出かしてないだろうな。どきどき。

 おまけに現在二日酔いモード続行中。胸がむかつく。き~も~ち~が~わ~る~い~。さて、昼飯はどうしよう?

2013年12月13日 (金)

いったいどこの家の話やら?

 明け方に見た夢。

 家で留守番をしている。何か食べるものはないかと台所を物色していたら、電熱のホットプレートが見つかった。これですき焼きを作ることにしよう。ビールも用意して、録画したまま放ってあったドラマのビデオを見ながら、すき焼きで一杯。……なんてくつろいでいたら、嫁さんが帰ってきたようだ。まずい。1人で食べていたのが知られたら怒られる! とりあえずビデオの電源を落として、何食わぬふり。

 ところがふたたびテレビの音が。あわてて戻ると、まだ幼い姉妹2人がお笑い番組を見ているではないか! 画面では有名な2人組のコメディアンが、ブルーハーツの替え歌を歌っている。「ミソしてほしい、ミソしてほしい……」。大喜びでいっしょに歌いだす娘たち。頼むから静かにしておくれ! ふと気がつくと、テーブルの向こうに長女が座っている。こちらは中学生か高校生くらいの年頃だ。わりと太めで、ぶすっとした表情の娘。イマイチかわいくない^^; あわてて挨拶をした。「あ、どうも、はじめまして……じゃないな、昨日からお世話になってます」

                         

 ……う~ん、これじゃアタシはただの居候じゃん。この娘たち、嫁さんの連れ子だったのかな~?

Dsc07112

 写真は本文と関係なく、六本木・東京ミッドタウンのイルミネーション。昨日は歯医者から帰ったあと、また六本木に出かけたのだった。ちゃんちゃん。

2013年12月12日 (木)

通院日記(23)

 やっと、右上の奥歯が元に戻った。これで右側でも気兼ねなく物が噛める。……のかと思ったら、「まだ金属の土台が入っただけで、被せてあるのは仮歯。ガムを噛んだりするとはずれるかもしれないから、気をつけて」だって。もしかして、お餅もヤバいんじゃないの? 見た目はフツーの歯と変わんないんだけどな。

 それと、「仮歯がはずれても問題はないけれど、なくさないでとっておくように」。はいはい。

 そんなわけで、今年の治療はここまで。次回は来年の1月17日(金)午前11時から。なんだかんだ言っても、歯が揃った状態で年を越せるのはうれしいな。先生もよいお年を。

2013年12月 9日 (月)

Too many banjos!

 日曜日の午後2時から、銀座のライブハウス、ロッキートップで変わったイベントがあった。ゴンチチのチチ松村さんがホストを務める「バンジョー好きが集まる会~同時開催:乙女バンジョー祭り~」……なんじゃそりゃ? よくわからないままに顔を出す。お守り代わりにギブソンのマンドリン・バンジョーを抱えて行った。

 午後1時にはウォームアップジャムが始まっていたそうで、たどり着いたときには、すでに宴たけなわ。腕に自慢のみなさんが、ばりばり弾きまくっている。う~む、さすがに関係者の集まりというか、よく知っているお顔が多いな。不義理をしていてすみません^^;

 第1部は実演も交えたバンジョーの歴史の紹介。ミンストレル・バンジョーやオールドタイム・バンジョー、ブルーグラス・バンジョーの奏法の違いを体験する。ブルーグラス・バンジョーのパフォーマーはイケメンプレイヤーの桑原達也さんだった。相変わらずイイオトコだし、若いし、テクニックもセンスも抜群だしで、いうことなし! また機会があったら、セッションさせていただきたいものだ。

 その後、予期せぬ展開があって、なぜかステージに引っ張り上げられ、持参のマンドリン・バンジョー(1920年頃に製作されたトラップドア・タイプのギブソンMB)の紹介をさせられた。いや、そんな話、聞いてないから^^; こんなことになるなら、事前に何か仕込んでおけばよかったな……。

Titimatumura

 第1部の最後は、個人的なお目当てだった、チチ松村さんによる世界のバンジョー・ミュージックの紹介。インドネシア、タイ、アルジェリア、ブラジル……そして日本も含めて、バンジョーの入ったさまざまな国の音楽を聴かせてもらって大満足。それにしても、美空ひばりさんの「港町十三番地」って、オリジナルのシングル盤ではバンジョーがフィーチャーされてたのね……。

 休憩を挟んだ第2部は、「乙女バンジョー祭り」。何のことかと思っていたら、バンジョーを弾く女性ミュージシャンを集めた企画ライブだった。ほとんどがアマチュア・プレイヤーだったけれど、最後のほうで中村まりさんが登場したのにはびっくり。うかつなことに、クロウハンマー・バンジョーも弾かれるとは知らなかった。メイン楽器じゃなくても、プロの演奏はやっぱり一味違ったような。

 終演後、「2月1日のイベント、よろしくお願いします」とご挨拶。よい機会なので、ちょこっとだけ打ち合わせめいた話もした。あ、そうか! どうせステージに立ったんなら、2月1日の宣伝もすればよかった。

 話が前後するけれど、「乙女バンジョー」のあとは、青木研さんのプレクトラム・バンジョーによる超絶技巧「Suwannee River」で、一気に会場はヒートアップ。そしてエンディングは、バンジョー・プレイヤーが勢ぞろいしたジャム「Lonesome Road Blues」。

Dsc07102

 前列左から、渡辺三郎さん、チチ松村さん、有田純弘さん。後列左から、ぎっちょさん(実は本名を存じ上げていない^^;)、原さとしさん、青木研さん……。いや~ものごっついメンバーであります。

 終演後、みなさんにご挨拶をしていたら、かたじけなくも打ち上げのお誘いをいただく。ありがたくお受けしたのだが、このメンバーがまたものごっつくて……。ホスト役のチチ松村さんを筆頭に、世界屈指のバンジョー奏者2人(5弦の有田さん、4弦の青木さん)、関西ブルーグラスのドン(渡辺三郎さん)、若手マンドリニストのトップランナー(TAROさん)、東京のブルーグラス界を代表するギタリスト(山口さとしさん)。う~ん……。イベント自体も濃ゆかったけれど、それに輪をかけて濃ゆい打ち上げだったのだ。とくに有田さんの実践的な音楽理論の話、勉強になりました。

2013年12月 6日 (金)

DJは続くよどこまでも

 ディスクガイド本を出したおかげか、皿回しのオファーが続いている。

 12月26日(木)には、アルテスパブリッシングの年末パーティのアトラクション。来年2月1日(土)は、音楽夜噺で中村まりさんと共演。

 アルテスのパーティは版元のイベントということで、執筆者をズラリと並べた、言わば顔見世興行。関係者を対象とした内輪のイベントだし、酒も入るしで、軽めのネタでいけそうな気がする(でもよく考えてみたら、この関係者って音楽業界の第一人者ばかり……?)。

 一方、音楽夜噺のほうは有料のイベントだし、やっぱりちゃんと仕込んでおかないと。

 音楽評論家の関口義人さんが主宰する音楽夜噺は、世界各地のさまざまな音楽を広く深くどこまでも掘り下げる意欲的なトーク・イベントで、もう9年くらい続いているはず。

 実は以前にも1回呼んでいただいたことがあって、そのときは音楽評論家の五十嵐正さんと2人で、やはりアメリカン・ルーツ・ミュージックの話をした。このときのできにやや不満が残っていたので、今回はそのリマッチでもあるのだよ。

 おまけに今回は、シンガーソングライター&ギタリストの中村まりさんとごいっしょすることになったのだ。中村さんに書評を書いていただいて舞い上がってしまった話はちょっと前に書いたけれど、そのあと思いがけない展開がいろいろあって、とうとう対談することになっちゃったんだな、これが。

 そんなわけで、2月1日(土)午後3時から、渋谷のダイニングバーLi-Poで、中村まりさんほか1名^^;による、「音楽夜噺」第83夜「知られざるアメリカ・ルーツ・ミュージック」を開催いたします(もちろん企画・進行の関口義人さんも登場)。数少ない私のファンの皆様もぜひお出でくださいませ。ブルース、ラグタイム、オールドタイム、ブルーグラス、ハワイアン、ケイジャン、テックスメックスなど、面白い音源をたっぷりかけまっせ。

 会場の場所、料金などの詳細は、以下のURLをご参照あれ。

  http://ongakuyobanashi.jp/

2013年12月 3日 (火)

いつの間にやらSFに

 明け方に見た夢2つ。

 結婚式に出席している。ライブ形式のパーティで、招待客が次々と入れ替わりでステージに上がり、演奏をする。ギターを弾きながら歌うおにーさん。私の順番はまだ回ってこない。向こうのテーブルにどこかで見たことのある女の人がいるのだが、はて、誰だったか思い出せない。

                

 ロケットに地球のゴミを積み込んで、よその惑星に捨てに行く。金属の板で地表を覆ってあるような人工的な雰囲気の星だ。成層圏のあたりは常に稲妻が走って、網の目状に光っている。この星には金属を食べる巨大なムカデのような生物がいて、投棄したゴミを食べてくれる。そのほか小さな生物も多数生息しているようだ。

 地球政府はこの星への移住計画も以前から進めているが、移住するのは貧しい家庭の子どもたちばかりだ。事実上の棄民政策で、一度移住したらまず地球に戻ることはできない。そもそも重量が重い惑星なので、着陸はできても離陸は難しい(子どもたちにも両親にも、事前にそのことは知らされていない)。

 子どもたちが乗るスクールバスは、やわらかい発泡スチロールのようなものでできているため、すぐ壊れる。金属で作ると、これを好む生物に食べられてしまうからだ。地球では失われた伝統を維持するため、子どもたちはバスに乗っている間に、シュプレヒコールの練習をさせられる。

2013年12月 1日 (日)

DJイベントと墓参り

 昨日は四谷のジャズ喫茶いーぐるで、『JAZZ 100の扉』の発刊記念イベント。今日は縁の人の墓参り。

 発刊記念イベントは大盛況。著者の村井康司さんと、ゲストの湯浅学さんのDJトークで、本の中で紹介されていたアルバムの音源を聴く。聴いたことのない曲ばかりだったが、なかなか面白かった。一番の衝撃は、ビル・フリゼールさんの『DISFARMER』。恥ずかしながら、こんなにすごい人だとは知らなかったよ。あとはだいたい想定内……かな^^;

 墓参りは上野のお寺。ご住職がたいへんよい方で、いつもほっこりした気分になる。お参りしていると、わざわざお供物を届けてくださったり、「お花があまっていたから」なんて持ってきてくださったり。私らは檀家ではないし、顔も覚えてもらっていない行きずりの参拝客なのに。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »