« 流れ星の夜 | トップページ | パスカルズ@サムズアップ »

2013年11月20日 (水)

馬から落ちて落馬して……

 近頃は「おみおつけ」なんて言葉、あんまり使わないのかな? 言うまでもなく「味噌汁」のことなのだが、これを漢字で書くと「御御御汁」となるらしい。

 もちろん最初からこんな言い方をしていたわけではない。初めは「汁(つけ)」と呼んでいた。これに接頭語の「お」をつけて、ていねいな表現にしたのが「おつけ」。

 ところが、長い間「おつけ」と呼んでいるうちに、接頭語+名詞という本来の語源があいまいになり、「おつけ」で1つの名詞のように思われだした。そうなると、ていねいな言い方をするためには、また接頭語をつけなければならない。「おおつけ」ではゴロが悪かったのか、今度は「みおつけ」と呼ぶようになった。

 話はこれで終わらない。さらに時代がくだると、「みおつけ」もたんなる名詞と認識されるようになる。そこでさらに接頭語をつけて「おみおつけ」。この言葉もすでに耐用年数が切れかかっているとみえて、現代では「おみおつけ」がていねいな言い方であるという認識は、あまりなさそうだ。

 言語は世につれ、世は人につれ……。人の世が続いていく限り、言葉の意味がどんどん変化していくのはしかたないことなのだろう。--と理屈ではわかっていても、あんまり気持ちのいいもんじゃないんだよな、これが。

 最近気になってならないのが、「ダントツトップ」というあまりお上品じゃない言い回し。本来「ダントツ」は、「断然トップ」の略のはずだから、この言葉も、しっかりおみおつけしてるよな~。

 それから、食堂のお品書きで「カツ丼ぶり」なんて書いてあるのも、個人的にはかなり気持ち悪い^^; あのね、「丼」は1字で「どんぶり」と読むの。それをめんどくさがって「どん」と略して呼んでるだけなんだから。

 まあそんなことを言いだすと、「よくありがち」とか「まず最初に」とか、ほとんど常態化している重複表現も多いんだけどな……。

« 流れ星の夜 | トップページ | パスカルズ@サムズアップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「おみおつけ」の件ですが、
「御味御付」が正しいのではないかとのご指摘をいただきました。
つまり「お味噌のお汁」という意味なのだそうです。
ふ~む。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬から落ちて落馬して……:

« 流れ星の夜 | トップページ | パスカルズ@サムズアップ »