« 真打はあとから登場? | トップページ | DJイベントと墓参り »

2013年11月28日 (木)

通院日記(22)

 毎度おなじみ、御茶ノ水の歯科病院。歯茎の腫れがひいたようで、やっと奥歯の歯型が採れた。

 その前に歯の詰め物をほじくり出されたのだが、このときのグラインダーの振動がこれまでと全然違っていて、低周波で脳みそをぐらこんぐらこん揺すぶられる感覚。あまりに気持ち悪くて、吐くかと思った^^;

 なにはともあれ、無事に歯型が採れてめでたしめでたし。次回は12月12日(木)午後2時から。もう年末だな~。今年中に元どおりに治るのだろうか?

 帰りにちょっと寄り道をして、岩本町の楽器店、ウッドマンを覗く。何を隠そう、先日出たばかりの「フェンダー'50sギターガイド」に載っていた、57年製のエレクトリック・マンドリン(マンドキャスター)をチェックに行ったのだ。おぉ、あるある。実物を見ると、なかなかいい感じに貫禄がついてるな~。ツィードのオリジナル・ケースもしっかり残っているし、ん~。ほしい。

 その隣には、この楽器を復刻したニュー・モデル、マンドストラトも並べてあった。こちらは3トーン・サンバースト&ローズウッド・フィンガーボード。以前私が所有していた60年代末頃のモデルと、ほぼ同じ仕様だ。

 マンドストラトというモデル名は、正直イマイチな感じだけど、「マンドキャスター」の商標は他のメーカーが持っているために使えなかったのかしら?

« 真打はあとから登場? | トップページ | DJイベントと墓参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通院日記(22):

« 真打はあとから登場? | トップページ | DJイベントと墓参り »