« 書評4 | トップページ | 半沢直樹恐怖症 »

2013年9月22日 (日)

四谷いーぐる

 午前中は墓参り。午後から草むしり。夏の間、草むしりをさぼっていたら、すごいことになっていた。まだしばらくかかりそうだ。剪定もしないとな。ふ~。

 昨日は四谷のジャズ喫茶いーぐるで出版記念イベントの第2弾。「Kind of Blue ブルース以前とブルース以後」と題して、アメリカン・ルーツがらみの音源をかけ、ちょぼちょぼとしゃべらせていただいた。

Dsc06996

 手前の小さなテーブルに陣取り、マイクを使ってDJ。老舗のジャズ喫茶ということで、もっとシブい感じの造作を想像していたのだけれど、とてもモダンで明るい雰囲気。これで少し緊張がほぐれた(ジャズ喫茶とは無縁の人生だったため、けっこうどきどきしてたのだ)。マスターの後藤さんにもフォローしていただいて、思っていたよりもアット・ホームな雰囲気の中、のびのびやれたような。オーディオ・システムも評判どおりのすばらしい音で、これにもずいぶん助けられた。

 たくさんのお客さんに来ていただき、なんとか無事に乗り切れたことを感謝。前回に引き続いての差し入れも、ありがとうございました^^

 終演後、常連さんたちを中心にお店で軽く打ち上げ。ビールと、バーボンをご馳走になる。そのあと近くの中華料理店に移って、2次会(?)。意外と評判はよかったらしく、もしかしたら来年あたり、定期的に何回かやらせていただくことになるかも。うまく話がまとまればね。

« 書評4 | トップページ | 半沢直樹恐怖症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 イーグルのマスターの後藤雅洋さんが、当日の様子をまとめてくださったので、URLを貼り付けておく。

  http://d.hatena.ne.jp/eaglegoto/20130923

 自分ではなかなか客観的に判断できない部分もあるため、このように評価していただけるのはありがたい。

 今回はたいへんお世話になりました。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四谷いーぐる:

« 書評4 | トップページ | 半沢直樹恐怖症 »