« 書評3 | トップページ | ネタ切れの悲劇? »

2013年8月30日 (金)

羊頭狗肉なCD

 ネットのCDショップで、クレイトン・マクミケン(McMichen)のCD『THE TRADITIONAL YEARS』を購入した。1920年代~30年代にかけて活躍したオールドタイム・バンド、スキレット・リッカーズのフィドラーのソロ・コレクションらしいのだが、詳しいデータはよくわからないままに注文したものだ。

Mcmichen

 わくわくしながら再生してみると、どうも様子がおかしい。甘いコーラスを前面に出したブルーグラス風の音だ。ジャケット裏に書かれている曲目も一致しない。CDに印刷されているタイトルだけは合っているみたいだけど、中身は全然別物なんじゃないか、これ?

 LPでレーベルが間違って貼られているものなら、いくつかつかまされたことはあるが(ザ・バンドの『ラスト・ワルツ』とかインクレディブル・ストリング・バンドとか^^;)、それでも中身の音は間違っていなかった。こんなケースは初めてだ。なんか手作りっぽい感じ(CD-R?)だし、これもレーベルを貼り間違えてたりしてね。

 しょうがないので、ネットショップにアクセスして商品を交換してもらう手続きをとった。でも、ロット単位で間違っている可能性もありそうだしな~。どうなることやら。ちょっとどきどき。

« 書評3 | トップページ | ネタ切れの悲劇? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊頭狗肉なCD:

« 書評3 | トップページ | ネタ切れの悲劇? »