« フラメンコとクラシック | トップページ | 踊り子号に乗って »

2013年6月11日 (火)

シノブの名前で出ています?

 やっと梅雨らしい天気になってきた。

 東京は意外とシダの種類がたくさん見られる環境らしい。我が家にもいろいろなタイプが生えていて、じっくり観察すると、これがなかなか面白いのだ。実は先日の草むしりのときに、見かけない新顔を見つけていた。

Dsc06834

 午前中のまだ雨が本格的に振り出さぬうちに撮影。羽状の切れ込みが細かく入った特徴的な葉っぱの形状をしている。まるでレース編みの繊細な模様のような。もしかしたら、タチシノブというヤツかな? あまり自信はないけれど。

Dsc06835

 ついでにもう1枚。こちらはやけに存在感のある、放射状に伸びた大株だ。さて、これは何だろう? クサソテツ? ちょっと違うような気もするな。クサソテツだったら春にコゴミが食べられるんだけど……^^; 胞子嚢が出てきた頃にでも、また調べてみよう。

 ちなみに、バックにたくさん生えているのはオニユリ。この球根も食べられるらしい……。

« フラメンコとクラシック | トップページ | 踊り子号に乗って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 
タイトルに 「ふふっ」 でした。
 
雨の日に 清々しい緑のお写真ですね (o^-^o)
シダの種類が多くみられるのですか。
そういえば昔 近所にあったヤブの中にも
それらしいものが ありましたっけ。
 
ツリシノブと言うのは よく聞きます(時代劇なんかでも)が
タチシノブと言うのもあるんですね。
茎が硬くて 立ち上がるのでしょうか。
 
下のお写真のは イナカでも見かけたような形です。
イナカの方は 明らかにコゴミでしたが
これも コゴミだと 春が楽しみですね。
 
オニユリ。
確かに 食用ユリはコオニユリの栽培種ですもんね。
食べられそうですね。

>花mameさん

あはぁ。
星野哲郎さんの歌詞はいいですよ。
テクニカルでリアルなこの描写力!
職人芸という感じです。
まあ、演歌はほとんど聴いてませんけど……^^;

吊りシノブっていうと、軒先にぶら下げるアレですね。
シノブの仲間にもいろいろあるようで、正直、どれがどれやら……。

コゴミは以前に苗を植えたことがあったので(収穫には至らず)、
その胞子が飛んできた可能性はあるかも、と期待^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シノブの名前で出ています?:

« フラメンコとクラシック | トップページ | 踊り子号に乗って »