« 父と娘の絆 | トップページ | 日陰の庭 »

2013年5月19日 (日)

今年もハンドクラフトギターフェス

 テープ起こしにも飽きたので、錦糸町で開催されている東京ハンドクラフトギターフェスを覗いてきた。毎年恒例、個人の楽器製作家の作品を中心に、さまざまなギターやウクレレが展示されるショウである。

 今年は去年よりも出展数が増えた印象だった。このところの傾向として、やっぱりウクレレの出展が多かったような。

 以下、とりあえず写真のみ。

Dsc06769

 個人ビルダー以外に大手メーカーのコリングスなども出展。

Dsc06773

 夢弦堂はマリンブルーのウクレレが鮮烈な印象。

Dsc06776

 SAKATA GUITARSの若きビルダーさんのマンドリン。これが5作めだそうな。瑞々しいというか、なかなかよい音がする。マンドリンはもう1本、鷲見さんのオリジナルモデルも弾かせていただいた。F-5をベースに花のインレイが入ったビューティフルな楽器で、サウンドもいうことなし!

Dsc06770

 ウクレレベース・サイズのソリッド・ベース。弦がゴムみたいなのじゃなくて、フツーのスティール弦が張ってあった。

« 父と娘の絆 | トップページ | 日陰の庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もハンドクラフトギターフェス:

« 父と娘の絆 | トップページ | 日陰の庭 »