« 校正前のコンセントレーション? | トップページ | FMラジオでマンドリン・ミュージックの特集? »

2013年5月 9日 (木)

禁則処理とラジオ放送

 ここのところどうも風邪っぽい。セキがとまらん。明日のライブは見に行けるかな?

 単行本の校正は、来週明けに渡すことで話がまとまったので、少し余裕ができた(それでこれを書いている)。実はもう8割がた終わっているのだよ。ふっふっふ。

Dsc06742

 この前の日記では、見開き2ページでぴったり収まっているようなことを書いたけれど、腰をすえて読み直してみたらそうでもなかった^^; どうもヘンだと思ったら、最初にもらったレイアウト見本では25字×46行で組んであったのに、実際に上がってきたゲラでは、24字×48行になっているではないか@@; まあ、見本をもらったのは、ずいぶん昔の話だからなぁ……。

 25字×46行は1150字。24字×48行は1152字。たった2文字しか違わないのだけれど、禁則処理が絡んだりすると、けっこうこれがやっかいなのだ。

 たとえば、行の頭に句読点がくるとまずいので、これを前の行の一番下に1文字はみ出した形で配置する。つまり、そこだけ行の文字数が1文字増えることになるわけだ。24字詰めと25字詰めでは、当然この禁則処理の位置が違ってくる。この文字数の違いが積もり積もって、行が増えたり減ったりするんだな。そういうことのないように、字組みを合わせて原稿を書いたつもりだったのに、そのレイアウトが変わってしまってはどうしようもない。

 はみ出した分は当然削らなくてはいけない。1行2行足りないのは、そのまま放っておいても体制に影響はないのだけれど、そういうのが気になる性分なんだよね~^^; それに、行数を合わせるために泣く泣く削ったくだりをけっこう覚えていたりするもので、スペースに余裕があるなら復活させたい気分になってしまう。

 そんなこんなで、行数合わせにずいぶん時間を費やしてしまった。ふ~。

 それはそれとして、今度の本は執筆時期にかなりの時間差があるので、まとめて読み返してみたら、いろいろ面白かった。たとえば全体の6割くらい進んだあたりで、急にテンションの落ちている箇所が見つかったりして。妙にもっさりした原稿が3、4本続いている。きっとこのあたりで飽きてきたんだろうな^^;--なんて。全部書き換えるわけにはいかなかったけれど、少し手を加えて、レベル差が目立たないように調整した。結果はわりとうまくいったと思う。

ところで、この本の宣伝の一環ということで、FMラジオでこの本で紹介したアルバムを中心に1時間分の選曲をして、放送していただくことになった。--なんて書くと、いかにも仕事をしているみたいに聞こえるが、その実情は、たまたまピーター・バラカンさんから選曲のお話をいただいたので、これ幸いと便乗しただけなのだけれど……。

 長くなってしまったので、詳しい話はまたあらためて。とりあえずinterFMの「The Selector」という番組で、5月16日(木)午後11時から放送の予定だす。

« 校正前のコンセントレーション? | トップページ | FMラジオでマンドリン・ミュージックの特集? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禁則処理とラジオ放送:

« 校正前のコンセントレーション? | トップページ | FMラジオでマンドリン・ミュージックの特集? »