« 通院日記(12) | トップページ | 禁則処理とラジオ放送 »

2013年5月 4日 (土)

校正前のコンセントレーション?

 単行本の校正紙が届く。パラパラと見た感じでは、文字がはみ出しているところはなさそうだな。よしよし。今回は、レイアウト先行で、見開き2ページでぴったり収まるように書いたから、行数計算が狂っていないか心配だったのだ。

Dsc06740

 日のあるうちに庭木の剪定の後始末をしなくちゃいけないから、こっちの作業は後回し。……なんて言いつつ、結局、庭仕事のほうも全部片付かなかった。ふ~。

 今度の本は『アメリカン・ルーツ・ミュージック』のディスク・ガイド編ということで、見開き2ページにメインのアルバム1枚+関連アルバム2枚の計3枚を収めてある。上でも書いたように、レイアウト先行で行数があらかじめ決まっていたわけだ。だらだら長い文章を書くのが得意な(^^;)人間としては、これがなかなかたいへんだった。

 おまけにメインのアルバムの行数がビミョーで、さらっとデータだけを書くには長すぎ、かといって思うにまかせていろいろ書くには短すぎ(私にとっては)--という分量だったため、長さを調節するのにずいぶん苦労した。なんというか、調子が出てきたなと思う頃には紙数が尽きてしまうんだよね……。おかげで100枚分書くまでにずいぶん時間がかかってしまった。

 そんなこんなで、この話はたぶんまだ続く……。

« 通院日記(12) | トップページ | 禁則処理とラジオ放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか大変そう決められた行数内で収めていくのは足したり引いたりとか・・・
でも楽しそうですね
校正も神経使いますよね・・・私達の小さなプログラム作成でもあんなに見た筈なのに
なんて事があります。それが本となったら、大変なお仕事だなと・・・頑張って下さい

>すみれさん

行数指定はよくあることなのですが、
本数が多くなると、やはりめんどくさいです^^;
同じ行数なら、だーっと1本の原稿で埋めたほうが楽ですね~、
私のバヤイは。

校正は編集者や記者時代に、
一生分やったような気でいたんですけど……。

こんにちは。
 
おぉ、校正紙ですか。
行数とか 決めてあるのは仕方がないのですが
それに はまるような文字数(文章?)で書くのって
結構大変ですよね。
ブログ記事を ダラダラ書く花mameにとっては
それで納められるRobinさんが 神様のように見えまする。
 
デスクワークと 庭仕事。
とてもバランスの良い一日だったように思えます (o^-^o)
 

>花mameさん

晴耕雨読ならよかったんですけど、
連休中はず~っといいお天気でした^^;

でもって、まだ半分くらいしか終わってません。
ひ~ん。
じっくり見ていくと、
やっぱり行数調節をしたいところがいっぱい出てきて……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校正前のコンセントレーション?:

« 通院日記(12) | トップページ | 禁則処理とラジオ放送 »