« 通院日記(9) | トップページ | ゼロックス・スーパーカップ »

2013年2月20日 (水)

トーカイのレスポール・コピー

 レスポールの話のあとは、そのほかのギブソン・エレクトリック・ギター--と言いたいところだが、その前にレスポールがらみで、もう1本。

 日本製のレスポール・コピーといえば、グレコ、トーカイあたりが、よく知られている。その中でも、トーカイのLS-200は、人気の58年型(58年~60年製)レスポール・スタンダードのドンズバ・コピーで評価が高い。

Ls200

 このLS-200は、たしか御茶ノ水の下倉セカンドハンズあたりで、中古で手に入れたはず。当時はまだプレミアがついておらず、75000円くらいで買ったような記憶がある。

 ペグヘッドには金色に光るTokaiのパール・ロゴと「ラブロック」シリーズのロゴマーク。シリアルナンバーから判断すると81年製か。

 ラブロック・シリーズになって、トラスロッド・カバーがオリジナルとは異なるとがったシェープに変わったのが気に入らず、手持ちのパール製カバーに替えたあとで撮ったのがこの写真。手放す前に元に戻したような記憶もあるが、定かではない(戻していればパールのトラスロッド・カバーが見つかるはずだが……)。

Ls200l

 このギターの写真は、たぶん1枚しか撮ってない。こちらは同じ写真のボディ部を拡大したもの。写真ではよくわからないが、トップのトラ目はくっきり鮮やかに出ていた。チェリーレッドの赤みも、もう少し強かったような印象がある。思いのほか軽くて、なかなか弾きやすいギターだった。

« 通院日記(9) | トップページ | ゼロックス・スーパーカップ »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トーカイのレスポール・コピー:

« 通院日記(9) | トップページ | ゼロックス・スーパーカップ »