« 趣味のリストア レスポールのケース編 | トップページ | 朝飯前の冒険 »

2013年1月16日 (水)

趣味のリストア レスポールのケース完結編

 59年製のレスポール・ジュニアについてきた、ズタボロ・ケースのリペアの続き。

Dsc03581

 ペグヘッドを収める箇所に空いた大きな穴をふさぐところまでは終わったので……。

Dsc03628_2

 続いて上蓋の修復に入る。めくれている合成皮革を多用途ボンドで接着し直し、マスキングテープで固定する。

Dsc03629

Dsc03639

 はがれていたパーツもここで元に戻してやる。パッチン錠がズレないように金具の位置を合わせて接着。

Dsc03632

 ここまで終わったら、あとは見た目をきれいにする作業だ。まずは内装から。ライニングのはがれたところは多用途ボンドで貼り直す。大きな穴をふさいだ痕は、よく似た感じの布地で隠す。全体を覆うように多用途ボンドで接着すれば、なんとかそれらしい雰囲気に。

Dsc03628_2

 外装は、色合いが同じ補修材を見つけられなかった。しょうがないから適当なところで妥協する^^;

Dsc03628_2

 以上で作業はひととおり終了。結果はご覧の通り。苦労したわりには最初とあまり変わっていないところが、なんとも……。

Dsc03628_2

 内装は、遠目にはまずまず。持ち運びにはお奨めできないけれど、保管用だったらなんとか使えるかも。

« 趣味のリストア レスポールのケース編 | トップページ | 朝飯前の冒険 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味のリストア レスポールのケース完結編:

« 趣味のリストア レスポールのケース編 | トップページ | 朝飯前の冒険 »