« 背割れの補修 | トップページ | 趣味のリストア レスポールのケース完結編 »

2013年1月15日 (火)

趣味のリストア レスポールのケース編

 レスポール・ジュニアのケースは、上位ランクのモデルに比べるとかなりチープなものだった。段ボールをギターを入れられる形に成形して、その上に合成皮革を貼ったという--いわゆるひとつのチップボード・ケースである。当然ながら、木製のケースに比べるとずっと壊れやすかった。

Dsc03564

 そんなわけで、先日ご紹介したレスポール・ジュニアのケースも、私のもとへ来たときにはかなりくたびれていた。

Dsc03567

 ちょっと見には原型をとどめているようだが、中には大きな穴が空いていて、それを適当な段ボールでふさいであったり……、

Dsc03566

 蓋の一部がちぎれていたり、それをビニールテープやホッチキスで留めて止めてあったり……と、悲惨なかぎり。

 これを放っておいては男がすたる(?)。見た目だけでもなんとかしてやろう。--というわけで、まずはえーかげんなリペアの痕をきれいにするところから始めてみたのだが……。

Dsc03574

 補修に使ったビニールテープと段ボールをはがしてみると、無残な姿があらわに。ここはギターのペグが当たる場所なので、そのストレスで穴が空いたんだろうけど、いやはや、なんともすさまじい。ちぎれたところをでっかいホッチキスの針で留めてあるしな~。

Dsc03580

 ケース内のポケットにちぎれた段ボールや、金具の一部が残っていたので、なるべくこれを活かす形でリペアを進めることにした。まずは空いてる穴に段ボールを当て、隙間を紙テープでふさぐ。

Dsc03581

 当てはまるパーツのないところは、穴の形に合わせて段ボールを切り抜き、これをはめこむ。

Dsc03620

 合成皮革の接着には、例によって多用途ボンドのお世話になった。

Dsc03623

 ホッチキスの針もはずし、補強しつつ接着。洗濯バサミで固定してしばらく放置。--というところで後編に続く。

« 背割れの補修 | トップページ | 趣味のリストア レスポールのケース完結編 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味のリストア レスポールのケース編:

« 背割れの補修 | トップページ | 趣味のリストア レスポールのケース完結編 »