« 趣味のリストア レスポールのケース完結編 | トップページ | 校正マンに変身 »

2013年1月18日 (金)

朝飯前の冒険

 明け方に見た夢。

大きなホテルに団体で泊まっている。朝飯前に風呂に入らなくてはいけない。支度を始めたら、引率者らしい偉そうなおばさんに「もう朝ご飯の時間なのに。いつも間が悪いんだから……」と嫌味を言われる。かまわずそのまま大浴場へ。ところが、あわてて出てきたもので、風呂の道具を忘れてしまった! 取りに戻ろうかとも思ったが、また嫌味を言われるのはまっぴらだ。一瞬迷ったけれど、向こうで借りることにする。

大浴場へ向かう途中でサッカー解説者(!)の松木安太郎さんに出会う。いつもの口調で話しかけてくる松木さん。それを聞きながら2人で歩いていくと、エスカレーターが使用禁止になっている。「いや、ここ行けるよ」と黄色と黒に塗られた工事中のフェンスをまたぐ松木さん。でも、上りのエスカレーターは止まってるじゃないの。ここで松木さんと別れて、別の階段を探すことにする。

いろいろ迷った末にやっと風呂場にたどり着いた。風呂に入る前にシャンプーを買わなければ。きょろきょろと周りを探すと、係りのおねーさんがカウンターの向こうにいるのを見つけた。ちょっとケバい感じの若い女だ(正直、容姿はいまいち……)。「シャンプーと石鹸をください」とお願いすると、「そのセットだと少しお高くなっちゃいますよ」と言う。なにそれ?と思いつつ、「安いのでいいんですけど……(100円くらいの)」とゴニョゴニョ。「だったらこれがいいんじゃないかしら」とボタンのいっぱい付いた大きな機械を操作するおねーさん。ガタンゴトンと機械が動いて、なにやら出てきた。「操作が難しくて、まだよくわかんないんですよね。どこから出てくるかも決まってないからたいへん」ケラケラ笑いながら説明してくれるおねーさん。意外と愛想はよさそうだ。

「大きさも出てくるまでわからなくて。今日のはずいぶん重たいから気をつけて」と容器を渡される。化学実験に使いそうな厚手のガラスの容器に透明な液体が入っている。カタカナで「ピーチ」と書いてあるのは商品名か? 「いいでしょ? タツノオトシゴもいるんですよ」と言われて覗き込むと、オレンジっぽい黄色の地に青紫のブチのある小さな生き物がクネクネと動いている。タツノオトシゴじゃないことだけは確かだな。ウミウシじゃないのか? 「どう見ても魚じゃありませんね。これは軟体動物ですよ」と説明すべきか悩んでいるところで目が覚めた。

« 趣味のリストア レスポールのケース完結編 | トップページ | 校正マンに変身 »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝飯前の冒険:

« 趣味のリストア レスポールのケース完結編 | トップページ | 校正マンに変身 »