« 夢を食べる | トップページ | レインボー戦隊ロビンというのもあったな »

2012年11月24日 (土)

江古田と横浜のライブ

 暇はあっても、体力と金が続かない。--というわけで、ライブに行く機会もめっきり減った今日この頃だが、昨日は珍しく、2つのライブ会場をはしごした。

 昼間は江古田BUDDYで、ION(インステッド・オブ・ネット)の20周年記念ライブ。何を隠そう、私は20年前に吉祥寺シルバー・エレファント(プログレの牙城!)で催されたIONのデビュー・コンサートも見ていたはずなのだ。歳をとるわけだよな……。

 ご存知のとおり、IONはアコースティックなインスト曲を演奏するドーグ・バンドだが、今回はバイオリンが不参加で、変わりにボタン・アコーディオンが加わるという、画期的な編成。さすがにダイアトニックなアコってことはないだろうと思っていたら、やはりクロマチック・ボタン・アコーディオンが登場した。普段はジプシー・スイングを演奏されている方だそうだが、初めて共演するとは思えないような、さすがのパフォーマンス。ああいう風にアコーディオンが弾けたら、きっと楽しいだろうな。

Dsc06434

 江古田のライブは途中で失礼して、夜は横浜エアジンへ。はるばる豊橋からバンド・オブ・ホリー・ジョイ……じゃなかった、バンド・オブ・ホリー・マウンテンがやってくるというのでは、見に行かないわけにはいかんだろう。--とは言いつつ、ギリギリ開演に間に合うように(!)出かけたつもりだったのだが、途中で道に迷って、ずいぶん遅れてしまった^^;

 それはともかく、事前に想像していたとおりに、私のストライク・ゾーンど真ん中のパフォーマンスだった。なんといっても、ボーカル、ギターで曲も書いている熊谷典人さんの強烈な個性が最大の魅力と言えるが、それ以外のメンバーもけっしてひけをとっていない。たんなるシンガーソングライターとバックバンドという関係ではなく、個々のメンバーが火花を散らしているところがいいのだ。無理して見に行ってよかったなと心底思う。

 おなじみ小川真一さんの傍若無人なノンペダル・スティール(ハワイアン・スティールと書くと誤解を招きそうなので)も、新たな側面を垣間見せてもらったようで楽しかったしね。

« 夢を食べる | トップページ | レインボー戦隊ロビンというのもあったな »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江古田と横浜のライブ:

« 夢を食べる | トップページ | レインボー戦隊ロビンというのもあったな »