« バンジョーの巨匠を訪ねる | トップページ | 江古田と横浜のライブ »

2012年11月22日 (木)

夢を食べる

 物を食べる夢というのは、比較的珍しいような気がする。--というか、しばらく前までそんな夢は一度も見たことがなかったのだが、近頃はわりとよく見るようになった。結局、食いしん坊な性格がこうじてきたということなのかしらね?

 何かを食べるとなると、当然気になるのは味だ。夢の中でおいしいものを味わえるのなら、こんなによいことはないけれど、実際にはケース・バイ・ケースのようで、この世のものとも思えない不思議な味がしたこともあれば、そこそこ本物に近い味がしたこともあれば、ほとんど味を感じなかったこともある。

 今朝見たのは学校の遠足に出かけるような夢だったのだが、この中に、電車に乗って友人といっしょに駅弁を食べる場面が出てきた。この駅弁が、カラフルなのり巻きの詰め合わせ+おかずというセットで、おかずにはサバみたいな魚も入っていた。サバを食べていると、その下から黄色く煮込んだ魚の背骨が出てくる。これがすごく柔らかく調理されていて、煮こごりみたいにプルプルして、なかなかおいしかったのだ。これは本物に近い味がしたケースに入れていいかな? 煮こごりプルプルは、「コラーゲンをとらなきゃ」という意識の現われだったりして……。

 なお、この駅弁は、のり巻きもおかずも2組ずつあったので、1つ友人にわけてあげた。仲良きことは美しき哉。……なんて書いていたら、急におなかがすいてきた。今夜は松屋の弁当かな~?

« バンジョーの巨匠を訪ねる | トップページ | 江古田と横浜のライブ »

夢日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆彡
 
Robinさんの夢のお話は いつも面白い(失礼!)ですね (o^-^o)
 
以前 聞いた話ですが
「夢の中で 食べ物を食べるシーンとなり
さて、食べるぞ!と思った途端に目が覚める、
と言うことを よく聞くが
それは 大脳が味覚を うまく記憶出来ないからだ」。
 
花mameも例外でなく 食べる寸前に目が覚める、
もしくは 味がわからないと言うケースがほとんどです。
 
なので、美味しいと感じたり プルプルを感じられたRobinさんは
本当に食いしん坊さんなんだなぁと思いました o(*^▽^*)o
いや、すごいことだと思います~♪

>花mameさん

まあ、わりと面白そうなものを選んでアップするようにしてますので……。
昔はもっと奇抜な夢を見ていたような気がしないでも^^;

食べようとする直前で起きるというパターンは、
たしかに多いみたいですね。
以前は私もそうだったんですけど、
あるとき思いっきりヘンな味の料理を食べる夢を見たら、
それ以来、フツーに食べられるようになりました。
何かの心理的障壁を越えたみたいな???

(承前)
人間の見る夢は、視覚中心と言っていいと思うのですが、
数は少ないながら、耳や鼻や手や舌に関わる夢もあっていいんじゃないかと思ってます。

書いているうちに思い出したんですけど、
昨日の夢でサバを食べているときに、
口の中に魚の小骨がいっぱい入った感覚をリアルに体験しました。
それを1本1本、手でつまみ出したりしてたんですよ!

煮こごりプルプルもそうですけど、
純粋な味覚というよりは、食感のほうがメインだったのかも。
ふむふむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を食べる:

« バンジョーの巨匠を訪ねる | トップページ | 江古田と横浜のライブ »