« テールピース交換の意外な落とし穴 | トップページ | 呪術師は笑う »

2012年10月24日 (水)

シーケンサー・ソフトが死んだ^^;

 我が家のシーケンサー・ソフトといえば、長い間OS9上のPerformer 6.03をメインで使っていた。ずいぶん古いシステムとはいえ、とくに不都合はなかったし、それなりに慣れ親しんでもいたので、ず~っとこのままでいるつもりだったのだが、今日になっていきなり「not authorisedうんぬん」というエラー・メッセージが出て、まったく立ち上がらなくなってしまった。どうやらオーソリゼーション・ファイル(不正使用防止のための許認可ファイル?)がぶっ壊れたらしい^^; まあ、その前にごちょごちょとOSをいじくった私がいけないんだが……。

 さて、どうしよう? ネットで検索してみても、OS X向けの対策しか見つからない。とはいえ、壊れているオーソリゼーション・ファイルをいったん削除して、もう一度インストールをし直せばいいようだというのはわかったので、非表示ファイルの検索でそれらしきファイルを見つけて削除。そして再インストール&再起動。……これで手順は間違っていないはずなのに、なぜか事態はまったく改善されないのだった。

 こうした作業の繰り返しで半日つぶした末に、とうとうPerformer 6.03をあきらめて、OSX用のDigital Performer 4(よく覚えてないが無料でアップデートCDをもらっていたはず)をインストールすることにした。とりあえず立ち上げるところまではこぎつけたけれど、メニューがなんかゴチャゴチャしていてよくわからんな。オーディオ・ファイルをコントロールする機能なんかいらないんだけどな。陸に上がった浦島太郎状態の私は、はたして無事にDP4を使いこなせるようになるのだろうか……。

Dp4

« テールピース交換の意外な落とし穴 | トップページ | 呪術師は笑う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーケンサー・ソフトが死んだ^^;:

« テールピース交換の意外な落とし穴 | トップページ | 呪術師は笑う »