« シーケンサー・ソフトが死んだ^^; | トップページ | フラットピッキング・ギターをたっぷりと »

2012年10月27日 (土)

呪術師は笑う

 10年ほど前に、薬害エイズ訴訟の顛末を見て世の不条理を感じ、もやもやした思いをそのまま歌にした。あまりに救いのない内容だったため、そのまましまいこんであったのだが、久しぶりに引っぱり出してみたら、驚いたことに、3.11以降の日本の状況にそっくりそのまま当てはまるではないか!  あの頃から、いや、水俣、あるいはそれ以前から、日本は何も変わっていないのかもしれない。

 --というわけで、古い音源を新たにマスタリングしなおしてみた。いろいろ手を入れたいところはあったものの、ほとんど以前のまま。アコースティック・ギター(J-45)のパートだけ追加した。(※2013年2月25日リミックス)

 素直に読めば「じゅじゅつし」だが、うまく呂律(ろれつ)が回らなかったので、「まじないし」と歌っている。呪術師の暗喩が何を指しているかは、ご想像におまかせしたい。

Dsc06286

 この歌は、珍しくマンドリンで作曲した。リフのフレーズもマンドリンで考えたし、コード進行もそうだ。ギターで作っていたら、こういう歌にはならなかったと思う。録音のときは、低音がほしかったので、フラットアイアンのオクターブ・マンドリンを弾いた。

« シーケンサー・ソフトが死んだ^^; | トップページ | フラットピッキング・ギターをたっぷりと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呪術師は笑う:

« シーケンサー・ソフトが死んだ^^; | トップページ | フラットピッキング・ギターをたっぷりと »