« ピアニストに気をつけろ | トップページ | 数値は10段階評価ということで…… »

2012年9月16日 (日)

アコギも強力!--イマサ・オン・ステージ

 シンガーソングライター・イラストレーターの宮原芽映さんに、元パール兄弟のギタリスト窪田晴男さん、セッション・ギタリストの丹波博幸さんという、不思議な取り合わせのアコースティック・トリオ--shiroは、実はPPMを意識して結成されたのだという。ずいぶん前から見ていたような気がしていたけれど、まだ結成して2年ばかりなのか。

Shiro1

 --というわけで、昨夜は横浜サムズアップのshiro2周年バースディ・ライブに行ってきた。ゲストは、元バービーボーイズのギタリスト、いまみちともたか(イマサ)さん。ゲストと言いつつ、後半のステージは、ほとんどイマサ・オン・ステージといった趣で、ギターはもちろん、シブいボーカルもずいぶんと聴かせてくれた。

 特筆すべきは、いまみちさんがエレクトリック・ギターを弾かなかったこと。エレアコとはいえ、全篇アコースティック・ギターで通した貴重なステージを目の当たりにしてしまった。

 近くで確認したわけではないけれど、使用ギターはおそらくレイン・ソング製だろう。グラファイト・ボディの独特な外観のモデルである。ステージで使っているのを見たのはこれが初めてだ。私も2度ほど試奏したことがあるが、明るくからっとした個性的なトーンを持っている。そして、なによりも音量がある。この日も他のギターを圧倒する大きな音でよく鳴っていた。

 これまでいまみちさんのエレクトリック・ギターを聴いたときには、そうも感じていなかったのだが、今回のアコギでダイナミクスのコントロールが際立っていることに驚かされた。静から動へ。緩から急へ。これまで聴いたことがないような個性的なサウンドだったのはさすが! そんなこんなで、後半のステージは、shiroも含めてひたすら圧巻のパフォーマンスだった。いいもの見ちゃったぜ!

 ところで、主役の宮原さんはというと、後半はいつもの弾き語り調シンガーソングライター・スタイルではなくて、ボーカリストに徹した新たな一面を見せてくれた。しかもかつてのタイニー・パンプス時代のシャウトとは異なる、大人の魅力が炸裂! こんなセクシーな歌い方もできるんだ--といまさらながら感動させられた。こんなのも、もっと聴きたいな。

« ピアニストに気をつけろ | トップページ | 数値は10段階評価ということで…… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコギも強力!--イマサ・オン・ステージ:

« ピアニストに気をつけろ | トップページ | 数値は10段階評価ということで…… »