« フェンダーの異端児、マンドキャスター | トップページ | フェンダージャパンのエレアコ・ベース »

2012年7月 5日 (木)

アコースティック・ギター・ブック35

 アコースティック・ギター・ブック35(シンコーミュージック)がやっと届いた。リニューアル第1弾ということで、中身はだいぶ変わったみたい。面目一新というか、ちょっぴり若々しくなったかも。

Agb

 巻頭特集は、チャーさんと押尾コータローさんの対談。この組み合わせにはちょっと意表をつかれた。なかなかやるじゃん。これに続くポスト・ハカランダの特集も、いい企画だと思う。

 私はというと、以前にこの日記でもふれたように、デビッド・ブロムバーグさんのインタビューと、カジュアル・マーティン(かなり無理くりのカテゴライズだな~)の試奏記事を書かせてもらった。試奏のときに撮ってもらった写真は、結局使われなかったみたい。な~んだ……。

 ブロムバーグさんへのインタビューは、あらためてふりかえってみても、ずいぶんとエキサイティングだった。1つの質問に対して、いくつも面白いネタが返ってくるような人で、たいへんありがたくはあるものの、出てきたキーワードを全部追いかけるわけにもいかず。どれか1つをフォローしているうちに聞きそびれてしまった話も。う~ん、もどかし~。もうちょっと時間があったら……。それでも、なかなか興味深い記事になっていると思うので(自画自賛)、よろしかったらご覧くださいませ。

 紙数の都合で削ってしまったくだりは、そのうちほとぼりの冷めた頃にでも……。

 ところで、リニューアル記念かどうかは知らないが、今回は珍しく読者プレゼントのページまで付いてるじゃないか! ん~、チャー&押尾さんのサインが入ったエピフォンのギターは、ちょっとほしいかも……^^;

« フェンダーの異端児、マンドキャスター | トップページ | フェンダージャパンのエレアコ・ベース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコースティック・ギター・ブック35:

« フェンダーの異端児、マンドキャスター | トップページ | フェンダージャパンのエレアコ・ベース »