« タッピング・ギターの華麗な世界 | トップページ | 韓国の天才少年ギタリストに会う »

2012年6月14日 (木)

ロック・ギターの原点といえば

 最近はめったに弾かなくなってしまったけれど、思いっきりエレクトリック・ギターにのめりこんでいた時期があった。最初にハマったのはテレキャスター・モデルだったようで(シブい好み!)、まず手に入れたのがグレコのテレキャス・コピー。初めて買った舶来のギターも、中古のフェンダー・テレキャスターだった。

 グレコ・テレキャスターのおまけにもらったのが、「成毛滋のロックギターレッスン」という小冊子&カセットテープ。当時はグレコのギターを買うと、もれなくこいつが付いてきた。これでロック・ギターの初歩を学んだギター小僧も多いはずだ。そこはかとなく懐かしい。

Greco

 ギターの写真もないかと探したところ、こんなものが出てきた。グレコのテレキャスを持った大学生のワタシ。太いベルトがいかにも時代を感じさせる……というか、この頃にしてもずいぶん時代遅れのような……。

Robin32

« タッピング・ギターの華麗な世界 | トップページ | 韓国の天才少年ギタリストに会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Robinさん、全然変わってないよ〜。
それに今でもこんなコいそうな気がする。

>COCOさん

 ふ~む。たしかに着てるものはあんまり変わってないかも。世の流行とは関わりなく生きてますからね^^; でも中身のほうは……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロック・ギターの原点といえば:

« タッピング・ギターの華麗な世界 | トップページ | 韓国の天才少年ギタリストに会う »