« 趣味のリストア ギター・ケース編1 | トップページ | 育ちすぎ! »

2012年6月 2日 (土)

趣味のリストア ギター・ケース編2

 傷んだギター・ケースの外装をどこまで修繕するかは微妙な問題だ。機能的に支障がなければそのまま放っておいてもよさそうなものだが、放っておくとどんどんほつれが広がりそうなところは、やはり手をうっておいたほうがいい。

Dsc01792

 こんな感じで外装がはがれている箇所は、多機能ボンドで接着し直すのがいいだろう。

Dsc01799

 めくれ返ったまま癖がついているような場合も多いので、接着したあとは、マスキングテープで上から押さえて2時間ほど放置。ころあいを計ってテープをはがすと……。

Dsc01795

 これで見た目もだいぶよくなった。

 小さな傷は、同系色のエナメル塗料でぬりつぶす。

Dsc01803 Dsc01806

 大きな傷はかなりやっかいだが、適当な補修材を見つけてきて、これを貼り付けることにした。破損箇所の汚れを取り、トレーシングペーパーで傷の形を写し取り、デザインナイフで切り取る。

Dsc01785 Dsc01914

 いまいち色が合わないけれど、こんなところで、どうかひとつ……。

Dsc01778 Dsc01960

Dsc01780 Dsc01955

Dsc01777 Dsc01917

« 趣味のリストア ギター・ケース編1 | トップページ | 育ちすぎ! »

楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味のリストア ギター・ケース編2:

« 趣味のリストア ギター・ケース編1 | トップページ | 育ちすぎ! »