« 暗闇の騎士の回顧録 | トップページ | 勝手にCMソング--甘い誕生日 »

2012年6月30日 (土)

ブルーハーツ「チェルノブイリ」

 原子力発電に反対する曲をメジャー系のレーベルから出そうとすると、親会社が原発関連の事業をやっていたりする関係で待ったがかかり、結局自主制作の形で発売--というのはよくある話。

Bluehearts

 88年発売のこのシングル盤は、タイトルからもわかるように、86年のチェルノブイリ原発事故を受けて制作されたものだが、当時ブルーハーツが所属していたメルダックからは発売できずに、放射線マークを思わせるロゴの自主レーベルから発売された。ちょっと見海賊盤風のシブいジャケットだ。

 片面シングルのドーナツ盤で、価格は360円(税込371円)。作詞作曲はメンバーの真島昌利さん。

 正直、楽曲のできはいまひとつというか、歌詞も消化不良なきらいはあるけれど(発売するとさしさわりがあるような過激な内容ではない)、反原発ソングの草分けという意義は大きい。実際、RCの「サマータイム・ブルース」などよりも、ほんのちょっぴり早いのだった。

 ……と書いていてふと思ったのだけれど、誰でも歌えるような反原発ソングって何だろう?

« 暗闇の騎士の回顧録 | トップページ | 勝手にCMソング--甘い誕生日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーハーツ「チェルノブイリ」:

« 暗闇の騎士の回顧録 | トップページ | 勝手にCMソング--甘い誕生日 »