« 「愛」について | トップページ | ジャムグラスは混沌をめざす »

2012年5月11日 (金)

ガーデニング序章

 何食わぬ顔で庭の話をしているが、何を隠そう、ガーデニングというか、庭作りというか(どちらも大げさな響きがあるな)を始めたのは、つい数年前のことだ。それ以前から裏庭をどうにかしたいなとは思っていたのだが、ご先祖様からうけついだものぐさな性格がジャマをして、なかなか手をつけられないでいた。

 重い腰を上げるきっかけになったのは1本のムクゲで、この木はいまでも裏庭で元気に茂っている。そのあたりの話を書きだすと長くなりそうなので、時間に余裕のあるときにまたゆっくりと……。

Dsc05823

 とりあえず、今日撮った裏庭の写真を貼り付けておく。正面に見えるシンボルツリーはシマトネリコ。植えたときは120cmくらいの苗だったのが、あっという間に大きくなった。その上で咲いている白い花は、先日ご紹介したモッコウバラ。木陰ではひっそりとシランも咲いている。バイカウツギの花もそろそろ咲きそうだ。前述のムクゲの木は、左端に見える。最初はこの場所ではなかったのだが、庭を広げていく過程でここに持ってこざるを得なくなった。ちゃんと計画を立てておかないからこういうことになる。……というか、最初に植えたときは、こんな風にするつもりはなかったんだよな。たしか丈の低い花壇を作ろう、なんてことを思っていたはず。それがなんでこうなったかについても、おいおい……。

« 「愛」について | トップページ | ジャムグラスは混沌をめざす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーデニング序章:

« 「愛」について | トップページ | ジャムグラスは混沌をめざす »