« ドリー・パートンな夜の思い出 | トップページ | 楽器にはケースがつきものだ »

2012年5月27日 (日)

近況報告 or ピスタチオでパーカッションを

 5月24日(木)は、自宅なんちゃってスタジオで、バンド練習。

 5月26日(土)は、JVCケンウッド丸の内ショールームで、トリニテ+ゼロバイゼロのデイライトライブ。

 24日は新曲、旧曲おりまぜて、3時間ほどうだうだと。だいぶ時間が空いてしまったため、ずいぶんアレンジを忘れている。その後、巣鴨まで出て反省会--という名の飲み会。ちょうど縁日だったので、地蔵通りには屋台がずらりと並んでいた。初めて見たというキーボーディストは面白がっていたようだ。

 26日のライブは、音に反応して光るブリリアントノイズという照明システムをステージに配置し、音楽とアートのコラボレーションで見せるというコンセプトだったようだが、真昼の明るいショールーム、しかも照明のセッティングも自由にはできなかった様子で、いまいち意図が伝わってこなかったような……。よくあるサロン・コンサートのような雰囲気になってしまったとはいえ、トリニテの演奏自体はよかったと思う。私の席はパーカッションの目の前だったため、いろいろ変わったことをやっているのが見られて興味深かった。iPadのアプリみたいなのも使ってたな~。

 パーカッショニストは、自分で楽器をいろいろ工夫できるところが楽しそうだ。そういえば、私も自家製のシェーカーを作ったことがある。ピスタチオナッツを食べているときに、この殻を集めてシャカシャカやったら面白いのではないかと思いついたのだ。

 ちょうどガチャポンの容器があったので、これにピスタチオの殻を入れてふったら、なかなかいい音がする。それからピスタチオを食べるたびに量を増やして、いまはこんな感じ。

Dsc05893

 大きさも重さも手ごろで、自分ではなかなか気に入っている。ガチャポンの容器はまだあるから、もっと作ろうかな?

« ドリー・パートンな夜の思い出 | トップページ | 楽器にはケースがつきものだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ピスタチオナッツの殻はすぐ出来ますが
容器の調達がちょっと気恥ずかしいかも・・・
パーカッションの楽器が出来上がりますね♪
思いもつきませんでした
殻の分量次第で軽やかな音とか・・・
なんか楽しみですね

>すみれさん

 意外といい音がしますので、機会があったらお試しあれ。

 ガチャポンは、意外と大人向けの商品も多いですよ。うちは幸い仏像シリーズのケースがあまってました^^;

 もちろんガチャポンじゃなくても、茶筒とかカンカラとか、ピスタチオの殻を入れられる適当な容器があればいいんですけどね。

遅ればせながらやって参りました。
先日は立ち見にも関わらず足を運んでくださって感謝です。
ゼロバイゼロのブリリアントノイズは実際はもっとすてきな作品なのですが諸事情により変更を余儀なくされてしまい、アーティストにもお客さまにも申し訳ないことをしたと反省しきりです。
また別の形でインスタレーションライブはやりますのでぜひ来てね♪

さてピスタツィオ(←どうでもいいけど変換が難しい…)シェーカーの件。
激しく降ったら殻が割れて中身が飛び出したりしないのか、ちょっと心配。
実の体積が殻を上回ったら、音が変わっちゃう気もするし。
ガチャポンは確かに大人向けのが増えてますよね。
私もウミウシフィギュアのが欲しくて探しているのですが、未だ巡り会えないでいます。

>shezooさん

 んんん? よくわかりませんが、ピスタチオの実は当然食べたあとですから、中身が跳び出したり、実の体積が殻を上回ったりする心配はありません。「食べ物をおもちゃにするんじゃありません!」なんて言われたことありませんか? ……そういう話じゃないのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近況報告 or ピスタチオでパーカッションを:

« ドリー・パートンな夜の思い出 | トップページ | 楽器にはケースがつきものだ »