« スタイルLの位置づけ | トップページ | 横浜のライブ・パーティで酔っ払う »

2012年3月22日 (木)

ムービー・ファイル完成!

 先週挫折した動画の編集の話の続き。もったいなくも、その道の権威の阿部信行さんにまでアドバイスをいただき、頭を冷やして翌日再チャレンジしたら、拍子抜けするくらいあっさりとビデオ・ファイルが完成した。

 ファイルの形式(Format)は「MP4」。 Videoは「MP4 ASP(mpeg4)」、audioは「AAC(Faac)」を選択。う~ん、ちょっとした違いだったんだよな……。

 今回使わせてもらった動画編集ソフトのAvidemux 2.5は、フリーソフトにしておくのがもったいないくらい(?)機能が充実していると思う。とくにファイルの出力のときに音量の調節もできるところが気に入った。

Avidemux2

 「Audio」の項目の<Filters>ボタンをクリックすると、Audio Filtersダイアログボックスが表示され、ここでモノ、ステレオ、サラウンドなどの切り替えや、フレーム・レイトの変更、音声のズレの調整、リサンプリング、音量の増減などの操作ができるようになる。

 元の動画の音量が小さめだったので、ここで音を大きくしてやることにした。

Moovie1

 マニュアル設定でgainをド~ンと3デシベル上げ、ついでにDynamic range compressionのチェックボックスもオンにする。要するにコンプレッサーを効かせて、音を安定させたわけだ。言葉を変えれば、ボーカルのボロ隠し……^^;

 こんな具合にビデオ編集ソフトでサウンドの簡易編集もできれば、わざわざサウンド・ファイルだけ切り離して加工する手間がかからないですむ。これは楽チン。あとはフェードイン、フェードアウトの機能でもあれば言うことなしだったんだが。

 デジタルのサウンドを途中でぶった切ると、デジタル特有のブチッという不快なノイズが聞こえるようになる。これを防ぐには無音の場所でカットするしかないのだが、ライブの音源だと、演奏してないところでも音が入っていることが多いのだ。お客さんの歓声、チューニングのノイズ……その他。

 今回ゲインを上げたこともあって、出だしに思いっきりその「ブチッ」が入ってしまった。なんとかカットの位置をずらして目立たないようにはしたけれど、それでも完全には消せなかった。オート・フェードでかまわないから、音量ゼロから始まるようにしてもらえれば、この問題は解決すると思う。

« スタイルLの位置づけ | トップページ | 横浜のライブ・パーティで酔っ払う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムービー・ファイル完成!:

« スタイルLの位置づけ | トップページ | 横浜のライブ・パーティで酔っ払う »