« ベース・アレンジのお勉強 | トップページ | 虹の向こう側 »

2012年2月 5日 (日)

休日の庭師

Dsc05523

 昨夜は地元の大塚で高校のクラス会。

 よくある男女共学の都立高校に通っていたのだけれど、この高校にはなぜか男だけのクラスが2つあり、なぜか私は3年間ともその男子クラスに入れられてしまった。したがってクラス会も当然男ばかりで、いたって殺風景。それはともかく、少し飲みすぎた。

 いささか二日酔い気味の今日は、朝から灯篭の移設と庭木の剪定という完全な庭師モード。

 実は3.11の地震で倒れた石灯籠が、ずーっとそのままになっていたのを、やっと片付けたのだ(こんなんじゃ東電をばかにできないな)。倒れたときの様子はこんな感じ。

Toro

 重機を頼むとなると大事だなと悩んでいたら、元ガーデンデザイナーの義理の叔父が、「これくらい自分たちでなんとかできる」と言う。え? こんなもん持ち上がるわけないじゃん! 最初はぎょっとしたのだが、結局叔父のペースにのせられて、トライすることになってしまった。

 主な方針はこうなる。元の高さまで石を持ち上げるのはたいへんだし、大きな地震があったらまた倒れかねない。そこで別の場所に上半分だけを設置する。石は持ち上げて運ぶのではなく、地面を転がして運ぶ。コンクリート・ブロックを積み上げた足場を作り、いったんここへ載せてから、最終的にくみ上げる。説明を聞いていたら、なんとなくやれるような気分になってきた。さすがは専門家。

 --というわけで、身内でえっちらおっちら石を運び、エンヤコラと積み上げた。

Dsc05525

 作業の結果はこんな感じ。写真の手前側、手水鉢のさらにこっちから石を1つずつ移動させたのだ。明日はたぶん筋肉痛になると思う。

 ちなみに、写真の右側の緑は、同じ日に実施した庭木の剪定で落とした枝。灯篭の向こうの薪のように見える枝も同様。これの後始末にもしばらくかかるな、きっと。

 ついでに剪定作業のビフォー・アフター。伸びすぎたチャボヒバの丈を短くして、日当たりをよくしたいとは思っていたものの、ちょっと切りすぎじゃないですか、叔父さん。

Photo

« ベース・アレンジのお勉強 | トップページ | 虹の向こう側 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ~お疲れ様です。
筋肉痛は大丈夫だったのでしょうか。
やはりお庭があるとお手入れとかしないといけないのですね。
私は土いじりが苦手なので…庭があるときっと駄目だな

叔父さん頼りになりますね*
でもチャボヒバ(?)のビフォー・アフターはあまりに変わり過ぎですね(笑

>miyabiさん

 ご心配ありがとうございます。筋肉痛はたいしたことないようです。それより怪我しなくてよかったなと。石を足の上にでも落としていたら、骨がぽっきりいってたでしょうからね^^;

 土いじりは楽しいですよ~。泥んこ遊びみたいなものですから。やってみればすぐにはまりますって。

 さて、チャボヒバは元に戻るでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休日の庭師:

« ベース・アレンジのお勉強 | トップページ | 虹の向こう側 »