« ブルース・コバーンにはなれなかった | トップページ | 人でなしの論理 »

2012年1月25日 (水)

意外と面白かった?

Martinbook_2

 今月発売のムック「ヴィンテージ・マーティン ゴールデン・エラのきらめき」(シンコーミュージック)に、私が以前書いた原稿が再録されているのでご紹介。

 そのものズバリ「MARTIN HISTORY」というマーティン社の沿革をまとめた記事で、モノクロ10ページ。そんなに古い原稿でもなかったはずなので、似たような雑誌にまた載せるのはどうかとも思ったのだが(ここだけの話、時間の余裕がなかったと見えて、ほぼ事後承諾のような形だった)、図版類が全部新しくなっていて、予想外に面白かった(自画自賛?)。やっぱレイアウトって大事だわ。

 このほか、トニー・ライスさんとノーマン・ブレイクさんのインタビューも再録(再構成?)されていて、これもなかなかよかったな。ブレイクさんは、奥さんのナンシーさんと仲良く写真に収まってるし。

 そんなこんなで、興味のある方は立ち読みでもしてやってくだせぇ。

« ブルース・コバーンにはなれなかった | トップページ | 人でなしの論理 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と面白かった?:

« ブルース・コバーンにはなれなかった | トップページ | 人でなしの論理 »